コーチ紹介

藤村 敏司(Satoshi Fujimura)

「人生の主人公」をサポートするコーチ

Profile

藤村 敏司

小・中・高と空手道を勤しみ、大学ではアメリカンフットボールに5年間取組む。

大学卒業後はオリックスに8年4ヶ月勤務し、法人営業、財務、新規事業会社立上げを経験。

オリックスでの次のキャリアに迷った時にコーチングを受け、高校生の時にあきらめた「スポーツに関わる仕事をする」という夢を思い出し6か月後に同社を退社。

現在は中高生の頃に「やりたい」と思っていた、空手道場の経営とパーソナルトレーナーを行いながらコーチとして活動。

クライアントさんが、「やりたいこと」を思い出し、一歩を踏み出し、さらに実現していくという、「人生の主人公」として生きていくことを、コーチとしてサポートしています。


2016年 CPCC 取得
コーアクティブ・リーダーシッププログラム 終了
2017年 全日本空手道連盟公認 参段 取得
PTC (Personal Trainer association of Central sports) 取得

Data & Career

住まい(都道府県):
 
性別:
男性
コーチ料金:
無料サンプルセッション 1~3万円以内/月 3~7万円以内/月
セッション形態:
電話/スカイプ 対面
使用言語:
日本語
資格:
CPCC
アイデンティティ/専門領域:
スポーツパフォーマンス
キャリアチェンジ
起業
コーチング時間:
360時間
クライアント延べ人数:
16人
クライアントの主な職業:
スポーツ選手 経営者 会社員

Coaching Story

私がコーチにお願いをしたのは、新卒で入社したオリックスで8年目のときです。

上司に「次はどこでの部署で何やりたい?考えておいて」と聞かれ、「腹の底からやりたいことってなんだろう?」と思い悩み、独りではみつからずコーチにお願いしました。

5回目のセッションで、高校生の頃にあきらめた「スポーツに関わる仕事がしたい」という想いを思い出し、そこに向けてチャレンジしていこうと決め、6か月後にオリックスを退職し、スポーツ選手のコーチを目指し動き出していきました。

私が一番人の役に立て、なおかつ自分も満たされる仕事であると思っているからです。

クライアントさんが、今まで気づいていなかった自分の深いところからの想いに気づいて、一歩踏み出していく姿は、とても美しく、その姿を見ることがとても好きだからです。

誰もが仕事でも家庭でも遊びでもいつでも自然体で過ごしていくことができたら、世界はもっと平和で健やかな時間が増えると信じていて、コーチングを通して実現したいと考えています。

とにかくいろいろな角度から「からだの声」を引出していきます。

自分なりに必死にもがきながら、

「どうしたら幸せに生きられるのか?」
「どんなキャリアだったら満足できるのだろう?」
「自分は人生を通じてどんなことをしていきたいのだろう?」

などの悩みや不安と向き合いながらも、しっくりせずに変化を望んでいる人。

あきらめずじっくり取り組む根気を得たことで、穏やかに自然体で過ごす時間が多くなりました。

中学生の頃に諦めた自分の空手道場を2年前に始め、道場の子供たちや昔からの仲間たちと空手を通して向き合うこと。

高校生の頃にやりたかったトレーナーの仕事を1年前から始め、体の変化を通じて人生に変化をもたらしたいという人たちに、新たな刺激をもたらすこと。

そしてコーチという仕事。

好きなことに自然と向き合っていることが仕事になることで、気負いや焦りや不安などが減り、穏やかに遊ぶように仕事をするようになりました。

Link

Contact

コーチングセッションをご希望の方は、こちらから、本人に直接お問い合わせください。

本人に直接、お問い合わせ ※クリックすると、メールソフトが立ち上がります。

Page top