コーチ紹介

日座 育史(Hiza Yasunobu)

レゾンデートルコーチング 代表

Profile

日座 育史

●1970年茨城県出身。常陸太田市立峰山中学校、茨城高校、和光大学人文学部人間関係学科卒業。
●築地魚市場株式会社にて営業職、富士通にてカスタマーサポートおよび新人教育担当、米国公立高校にて日本語講師、 ITベンチャー企業にて営業職、研修会社にて研修企画・研修講師・媒体制作ディレクターなどを経て、独立。
●現在は、コーチングのほか、組織活性コンサルタント、研修講師、ワークショップファシリテーターなどヒューマンリソース開発の分野を中心に活動中。嘉悦大学非常勤講師。バンタンデザイン研究所非常勤講師。
●中学時代はバスケットボール部、高校時代は演劇部、大学時代はワンダーフォーゲル部に所属。趣味は、住宅の間取図作成、料理、音楽。東京都北区赤羽に在住。

Data & Career

住まい(都道府県):
東京都
年齢:
35~44
性別:
男性
コーチ料金:
無料サンプルセッション 1~3万円以内/月
セッション形態:
電話/スカイプ 対面
使用言語:
日本語
資格:
CPCC
アイデンティティ/専門領域:
コミュニケーション、チームビルディング
コーチング時間:
550時間
クライアント延べ人数:
30人
コーチ歴:
2004年
クライアントの主な職業:
20代~30代前半のクライアントが多いです(学生、若手社会人など)。 そのほか、専門職(看護師、公認会計士、コーチなど)や経営者など。 ※学割やってます。

Coaching Story

大学時代に民族差別論のゼミに入っていました。差別に対しては、反対運動や学問的追究が一般的なアプローチですが、このゼミで行われていたのはそうではなく、まず周囲の人に「自分はこんなことを嫌だと感じているんだ」と伝えると、それを聞いた相手は、「ああ、コイツはそう感じているんだ」と認識すると。相手にその認識ができると、自分に対する相手の関わり方が変わると。つまり、【相手に自分の率直な感覚を伝え合うことで、ものごとや関係性は変えていける】と。それは19歳の私にとって、ものすごく力強い発見でした。この感触を、どうにか仕事で活かしたいと思って10年が過ぎ、30代前半でようやくコーチングに巡り会えました。

ひとえに、楽しいからです。クライアントに貢献できる喜びですね。クライアントがひとつ確信を得て、一歩先に踏み出すことで、こちらも大きな喜びをいただいています。その根源には、自分にはなかなか解けなかった、悶々鬱々とした暗黒の青春時代の不全感を、人にはできるだけ早く取り払ってほしい、という願いがあるような気がします。

「やらされ感」でものごとを行い、愚痴を言ってウサ晴らし、変化をあきらめて(自分をあきらめて)生きていく、というひとつの生き方があるとします。一方で、「自ら取りに行く」姿勢でものごとに取り組み、周囲と協力しながら建設的にものごとを行い、ハツラツとしている、という生き方もあります。自分だったらどっちがいいだろうと考えると、即答で後者です。そして、日本全国、さらには全世界が、後者のような人たちばかりだったら、なんて気持ちいい世の中になるだろう、と思っています。

人生がまったく変わりました。職業、人間関係など、あらゆる面でプラスになりました。もしコーチングに出会わなかったら、今頃なにをしていますかね。毎日仕事を辞めたいと思いながら働いていますかね。

●自分の人生をまっとうしたいと願っている方 
●自分の進むべき道を明確にしたいと願っている方 
●自分にイマイチ自信が持てないけどどうにかしたいと願っている方 
●人間関係(親子関係、恋人関係、夫婦関係、職場関係、友人関係など)で解決したいことがある方 
●私のプロフィールを読んで興味を持ってくださった方(どこに興味を持ったか、ぜひお伺いしたいです)。

●自分の可能性を制限してしまっているのは、環境でも状況でも他人でもお金でもなく、まさに自分であると分かったこと。 
●世の中で、自分に見えていることはほんの微かな一部であって、自分に見えていない可能性なんていくらでもあると分かったこと。 
●自分の「理想」と「リスク」を分けて考えられるようになったこと(その切り分けができるようになり、「ぼんやりした不安」で身動きが取れなくなってしまうことがなくなった)。 
●大人になってからでもできた、真の友人。 

Link

Contact

コーチングセッションをご希望の方は、こちらから、本人に直接お問い合わせください。

本人に直接、お問い合わせ ※クリックすると、メールソフトが立ち上がります。

Page top