コーチ紹介

前田 恵子(Maeda Keiko)

あなた自身の力を取り戻すコーチ

Profile

前田 恵子

何かを変えたい、何かを変えなければと感じているなら、もう見ないふりはしないでください。
何がその状態を生み出しているのか、一緒に探求しましょう。そのパターンに気づき選択することで、あなたの本来の力をあなた自身に取り戻す事ができます。


1967年生まれ

20代は銀行、生保に勤務、出産のため退職、その後離婚。
30代は娘二人と3人暮らし。国内化学メーカー勤務、生産管理や営業を経て、基幹システムの導入プロジェクトでサンフランシスコに1年半ほど滞在
40歳で再婚、しばらく子供たちとの時間を大切にするため、時間を比較的自由に使えるハンドメイド雑貨の作家活動などをしていましたが、その後ドイツのメーカーに9年勤務、組織開発に携わるが、掲げる目標と実体の乖離に苦しさを感じ2019年に退職、コーチとして独立、個人の内面をいきいきさせることに生きがいを感じている。

幼少期から中学までは虐待やイジメ、最初の結婚ではモラハラを受けながら、そこから立ち上がってきた経験を持つ。
転んでもただでは起きない、レジリエンスと感謝の人。

2016年から突如「学びたい」という思いに駆られ、ポジティブ心理学、組織開発、NLP、コーチング、成人発達理論、システムコーチング、男性性・女性性エネルギーなどなどを学び、2020年もファシリテーション、ワークショップデザインなど、学びの旅は続く。

趣味は編み物、お料理、犬(シーズー)と遊ぶ、孫(3人)と遊ぶこと

Data & Career

住まい(都道府県):
埼玉県
年齢:
45~54
性別:
女性
コーチ料金:
1~3万円以内/月
セッション形態:
電話/スカイプ 対面
使用言語:
日本語
資格:
CPCC ACC
アイデンティティ/専門領域:
ライフコーチ、システムコーチ
コーチング時間:
200時間
クライアント延べ人数:
50人
コーチ歴:
2019年
クライアントの主な職業:
ビジネスパーソン、獣医師、起業家、美容師、整体師、エステティシャン、NPO、アーティスト、人事、研修講師、主婦など

Coaching Story

企業内で組織開発プロジェクトに参加し、社員がいきいきと働ける組織文化づくりに貢献する為に試行錯誤していたころ、押し付けではなく相手の立場や思いも尊重しながら寄り添うにはどうしたらいいのだろうと悩んでいました。
そんな時に、信頼を築き、「願い」を話せるコミュニケーションのツールとしてコーチングを学ぶことにしました。自分自身もクライアントとしてコーチングを受け、同時に学んでいく中で、とらわれていた価値観や恐れに気づく事ができました。気づきから行動すると、自己肯定感が上がり、以前には(ずっとそこにあったはずなのに)見えていなかった世界が見えるようになり、自分自身も生きやすくなった経験をしました。

ー人は変われます
いくつになっても、どんな状況にいても、変わりたいと願う人は変わる事ができる
―失敗ってなんでしょう?
あなたが握りしめている「正しさ」って、別の角度から見たら正しくないんじゃない?
―「失敗したらおしまい」だ?
失敗は「始まり」です。できない事、新しい事にチャレンジしたから失敗するのです。その時点であなたは一歩進んでいます。そこからあなたは何を選択しますか?
人生に唯一無二の正解はありません。
―あなたが生きているのは誰の人生ですか?
あなたの本当の願いは何ですか?
本当はどうなってほしいんですか?

「誰かの期待」に応える事で「成功」してきた人が、「自分の願い」に気づき、自分の軸で考え答えを出す事ができるようになることを実現していきたいと願っています。
成功したけれど、満たされていない、モヤモヤしている、なんだか幸せじゃないと気づいたらサインです!
何を選ぶか、それはあなた次第です。あなたには選択肢があるのだという事に気づいて、自覚的に人生を選び取る人を増やしたいです。

誰よりも、あなたよりも、コーチとしてあなたの可能性を信じています。あなたの想像を超える力をあなたは持っています。
あなたを応援しています!

コーチングに出会う前の私は、誰かの顔色を見たり、誰かが決めた正解を探したりしていました。
自分を2の次にして、身も心もすり減らして反応的に生きていたのです。

コーチングに出会い、自分を大切にすることができるようになりました。自分の直感を信じ、自分を評価することなく、願いを生きる事ができるようになりました。

どっしりとホールドしてもらっている
と、よく言われます。

軽やかさと、時にはペースを上げたり、緩急をつけて変化を生み出します。

Link

Contact

コーチングセッションをご希望の方は、こちらから、本人に直接お問い合わせください。

本人に直接、お問い合わせ ※クリックすると、メールソフトが立ち上がります。

Page top