コーチ紹介

水口 政人(Minakuchi Masato)

コーチ/臨床心理士

Profile

水口 政人

1974年生まれ、愛媛県出身
慶応義塾大学卒業後、日商岩井(株)に入社。鉄鋼部門に所属して間もなくメキシコ駐在(7年間)。メキシコでは自動車関連の子会社で代表取締役に就任してマネジメントを経験。
帰国と同時に慶應ビジネススクールへ進学、組織行動論を研究しながらコーチングを学ぶ。
MBA取得後は(株)野村総合研究所へ入り、経営者向けのエグゼクティブ・コーチング事業に携わる。
その後、メディファーム(株)のエグゼクティブコーチとして医師・看護師向けのコーチングを実施。
現在は独立してコーチングやカウンセリングを行い、また研修講師としても活動している。

趣味は野球と陸上。野球は8歳に始めて高校・大学とも野球部、今も地元チームでプレーする。陸上は40歳の春より挑戦中(100m走)。

Data & Career

住まい(都道府県):
神奈川県
年齢:
35~44
性別:
男性
コーチ料金:
1~3万円以内/月 3~7万円以内/月
セッション形態:
電話/スカイプ 対面
使用言語:
日本語
資格:
CPCC
アイデンティティ/専門領域:
MBA(組織行動論)
臨床心理士(ブリーフセラピー・家族療法)
静岡産業大学 特任講師
コーチング時間:
400時間
クライアント延べ人数:
70人
コーチ歴:
2007年
クライアントの主な職業:
経営者、ビジネスパーソン、医師・看護師

Coaching Story

商社勤務のころは、いかに効率よく利益を生み出すかに専念し、様々な経営理論を取り入れつつトライ&エラーを繰り返す毎日でしたが、私が至ったのは…そこで働く人のモチベーションが最も重要な成功要因である、という結論でありました。その考えを追い求めて組織行動論を学び、さらに組織内の個人にフォーカスするコーチングへとたどり着きました。

【組織の利益】・【職員の利益】・【顧客の利益】、これらを同時に実現する手法として、コーチングが最適であると考えているためです。

うつ病のない社会を実現し、日本をもっと元気にしたいと考えています。

CPCCとしての関わりを柱とする一方、臨床心理士としてクライアントの心をしっかり見据え、さらにMBA的なロジカル思考も押さえたコーチングを提供します。
組織や家族の人間関係をより円滑にすることが期待される最大のバリューです。

コーチのトレーニングを受ける中で自分自身もコーチングを受け、コーチとしてのスキルよりも、人間として成長する機会を得られたと思います。コーチングを学ぶ前からの友人と学んだ後の友人では、私に対する評価が全く違ったものになっていたことが大きな驚きでした。

1回のセッションは45分程度とし、可能な限り対面にて実施します。もちろん電話やスカイプでのセッションにも良さはありますが、私のコーチングに関しては対面で効果が最大化されると考えています。
なお、対面セッションは神奈川県または東京都ご在住の皆さまを対象とさせて頂きます。

Link

Contact

コーチングセッションをご希望の方は、こちらから、本人に直接お問い合わせください。

本人に直接、お問い合わせ ※クリックすると、メールソフトが立ち上がります。

Page top