コーチ紹介

守屋 麻樹(Moriya Maki)

人材育成会社代表/スポーツ指導者

Profile

守屋 麻樹

早稲田大学政治経済学部政治学科卒。㈱東京銀行(現三菱東京UFJ銀行)に入社、名古屋支店にて個人・法人営業を経験した後、調査部にて企業や産業の調査を手掛ける。その後、日本コカ・コーラ㈱に転職、マーケティング部門にて経営判断サポート業務に携わる。2000年に企業研修や公開型プログラムを手掛けるベンチャー企業に入社し、人材育成業界に転身。執行役員として、経営人材育成やグローバル人材育成に関するコンサルティング、技術系マネージャー向け公開型プログラムを手掛けた。
2010年に独立し、ローレルゲート株式会社設立。同社代表取締役就任。現在は、法人向け人材育成コンサルティングを手掛けるとともに、研修講師、セミナー講師、大学講師、プロコーチとして活動中。

プライベートでは、2004年より早稲田大学アーチェリー部ヘッドコーチ、2010年より監督。学生との出会いが自分の人生を変えるきっかけにもなり、日々多くのことを学べていることにご縁と感謝を感じている。マインドシェアでは、仕事そっちのけで8割以上が部員達のことで占められている日もあるが、そこに最大の幸せを見出している。
「若者を元気にすること」と「スポーツを通じて日本の社会をもっと活気あるものにすること」を自分が与えられた使命と考え活動している。
米国CTI 認定プロフェッショナルコーチCPCC /日本アクションラーニング協会認定ALコーチ/DISC 認定ユーザー/大妻女子大学非常勤講師/白百合女子大学非常勤講師

Data & Career

住まい(都道府県):
東京都
年齢:
35~44
性別:
女性
コーチ料金:
無料サンプルセッション 1~3万円以内/月 3~7万円以内/月
セッション形態:
電話/スカイプ 対面 グループ/ワークショップ
使用言語:
日本語
資格:
CPCC
アイデンティティ/専門領域:
人材開発、組織開発、コンサルティング営業、スポーツ選手向けメンタルトレーニング
コーチング時間:
250時間
クライアント延べ人数:
21人
コーチ歴:
2008年
クライアントの主な職業:
企業経営者、人事系マネージャー、コンサルタント、一般の会社員、大学生(プロボノ)

Coaching Story

2008年、営業成績の悪い(と思いこんでいた)部下を抱え、私は毎日苛立っていました。ある日「これ以上一緒に働けない」と言って彼女は会社を去りました。「出来の悪い部下の面倒をみなくてもいいんだ」と内心ホッとしたと同時に、「これでよかったのか?」という問いが頭から離れなくなりました。しばらく悶々と過ごしていたある時、当時コーチを務めていた大学のクラブの学生との関係性にも同じ構造があることに気付きました。その時、ふっと思ったのです。「変わるべきなのは、他人ではない。私なのだ」と。直感的に今の自分に必要なのはコーチングだと思い、コースに申し込みました。それがコーチングとの出会いでした。

どんな人でも大きな可能性を持っています。にもかかわらず、様々な理由をつけて自分を小さくしてしまっている人がたくさんいます。
私がコーチングをするのは、こうした自分の可能性を小さくみている人達が自分の可能性に気づき、自分らしいあり方、やり方で、果敢にやりたいことにチャレンジするのをお手伝いするためです。
クライアントさんがすでに持っているギフトに気づいて、ありのままの自分自身にOKを出し、勇気を持って前に進んだ瞬間の輝きを見るのが大好きなのです。

私がコーチングを通じて実現したいのは、日本をもっと元気あふれる社会にすることです。
特に、日本の将来を担う若者や社会的影響力の強いアスリート(指導者、親、各種サポートする方々を含む)への思い入れが強く、コーチングを通じて元気に活躍してもらいたいと思っています。それによって、彼らを応援するたくさんの方々が勇気をもらったり、励まされたり、自分もやろうという気になり、その周りにいる方々にも波及するといった好循環が生まれ、活気あふれる社会になることを願っています。

コーチングに出会って大きく変わったのは、他人との関係性です。「誰もが可能性ある存在」と信じて関わるようになったことで、自分の周りの人との関係性がギスギスしたものから温かくて信頼関係あふれるものへとドラスティックに変わり、正直なところ、自分でもその変わりっぷりにびっくりしました。こうしたことができるようになったのも、自分のコーチが私のことをどんな時であっても「可能性ある存在」としてみて、すでに自分の中に持っていた答えを引き出し、行動に移せるよう、いつも、いつも応援してくれたからです。コーチの存在によって、自分の中に温かいスペースが生まれ、他人に対する間違った考え方が大きく変容したのだと思います。

私のコーチングは前に進みたい人に向いています。
例えば、何か目標を明確に持っている、もしくは明確な目標を持ちたいと思っている人が、その目標達成のために、自分自身と向き合い、勇気を持って前に進むことを強く後押しするのが得意です。
私のコーチングでは、クライアントさんを大きく受け止めながらも、時に必要な行動を起こすべく、厳しく関わることもあります。それは、クライアントさんの可能性の大きさ、そしてクライアントさんが本当に達成したい世界、手に入れたい世界に行けることを強く信じているがゆえのことです。

【その1】「体育会系」ではなく、「体育会」人間です。
【その2】小さい時になりたかったものは昆虫博士。自然が大好きで、子供時代は、東京23区育ちながらも、夏になるとアミとかごを持って毎日虫を追いかけていました。また、近所の公園の池でザリガニや小魚を釣ったり、他人の家の庭のザクロの味見にでかけたりもしていました。
【その3】意思決定は直感で行うタイプ。仕事柄左脳人間に見られがちですが、実は超右脳人間。独立してからは特に直感に従って生きています。
【その4】とにかくスポーツが大好き(自分がやるのも観戦するのも)。1年間に流す涙の多くはスポーツ観戦中。。。

Link

Contact

コーチングセッションをご希望の方は、こちらから、本人に直接お問い合わせください。

本人に直接、お問い合わせ ※クリックすると、メールソフトが立ち上がります。

Page top