コーチ紹介

中原 千和(Nakahara Chiwa)

・コーチ・

Profile

中原 千和

30代 第一次還暦 本業務始動
●体の使い方や興味を媒体にした自己表現のすすめ
【観点1】流れを理解し整える

●なぜ大人に担任の先生がいないのか。いればもっと楽になる!
【観点2】人・自然の関係がマトリックス(生み出す機能)になっている

40代 第二次還暦 
●teaching/coaching/counselingの再確認
【観点】知徳体から心善美へ

サービス業務
・引き出し屋・可能性の現実化・資質のあぶり出し・他

コーチング・臨床心理・基礎心理と、人との関りが命へのつながりへと変化することが実感できた。そして改めて気功や経書に関心を注ぐと、時間の流れの中に自己が息づいている実感を持った。
体が勝手に理解→反応する。この間に一呼吸入れることが<ゆとり>となる。時間の流れの中でゆっくりと過ごすコツ実践中。

Data & Career

住まい(都道府県):
和歌山県
年齢:
35~44
性別:
女性
コーチ料金:
無料サンプルセッション 3~7万円以内/月 7万円以上
セッション形態:
電話/スカイプ 対面
使用言語:
日本語
資格:
CPCC
アイデンティティ/専門領域:
人間関係,健康,お金,
入り口が異なっても要は本質を眺めるところから
コーチング時間:
1458時間
クライアント延べ人数:
727人
コーチ歴:
2001年
クライアントの主な職業:
コーチ,派遣・契約社員,看護士,美容師,主婦,政治家,臨床心理士,建設業,

Coaching Story

30代を目前に控えたある日、
なぜ大人に担任の先生がいないのか不思議に思っていた。
そんなとき新し物好きの父から手渡された一冊の雑誌。そこでコーチングに出会った。
私の知るコーチングとは異なるものへの探求がはじまった。
そして担任の先生というイメージとは異なりながらも、時代のながれの中でコーチが大人も引き受けているのだと知った。
そこでは、人との関係が(生み出す機能)マトリックスになっていた。

コーチングがあるとより生きやすいと知っているから。
自身の体を知ることによって伝え始めた一つの思い、
「とらわれない,こだわらない,かたよらない」こと。
これらが橋となりコーチングが行く道を照らす光となる。
人と人、物、事象の関係が、新しいものを生み出す機能になるという実感がそこにある。
さらに自然との関係の中で、パワーという洋服を身につけ、個の光を増す。
だから、何はともあれコーチング。
コーアクティブと名づけられた協働的なコーチングでこれを体現できるのだからコーチングをやめる理由がない。

<池に咲くハスの花が泥にとらわれず、
彼岸の日花降るという伝説>

身のまわりにどのような光があふれているのか、そしてその光は手直しをすることができること、
過去も現在も未来も変えることのできる現実であることが伝わればいい。

1つ1つを楽しく、1つ1つが嬉しく、そして1つ1つは喜びになること。
みんな何かの天才であり、ダイアモンドの原石だということ。
カットをほどこし、磨きをかけ、輝かせる。
どこに何があるのか、関っていく中で照らし出され、知ることができる。これが核となり楽となる。
原石がダイアモンドになる。
グレードアップしないのならコーチはいらない。

「道」を通す真剣さを持つ人。
ダンスを楽しく踊れる人。
仕込みをきっちりする人。
美しくうるわしくありたい人。
自身の変化に嬉々とする人。
<信じる>ではなく<知る>を選択する人。

『感じること・考えること・判断すること・決断すること・行動すること』この一連の流れは常にライフワークに取り入れ続けている。
私と関わる方にはじっくり自分自身を味わってもらいたい。
=イリュージョンから世界は始まる=
蒼天を舞う飛行機乗りになってもらいたい。
空高く見上げ大地に風を感じると光は放たれるから。
新しいことは、1カ月の時間をかければ形になる。定着期間をいれても3カ月で十分。
やりたいことのための準備時間は最小限に。時間は無限だが私たちには有限である。
コーチングは準備や伴奏にはもってこいだが、人生の本舞台でないことは知っていてほしい。

Link

Contact

コーチングセッションをご希望の方は、こちらから、本人に直接お問い合わせください。

本人に直接、お問い合わせ ※クリックすると、メールソフトが立ち上がります。

Page top