コーチ紹介

西田 恭子(Nishida Kyoko)

心の疼きに正直に生きるコーチ

Profile

西田 恭子

1968年広島市生まれ。
大阪の全寮制の高校に進学して以来、大学は静岡、就職は東京、と徐々に広島から遠ざかる12年間を過ごすが、離婚を機に一人娘とともに広島に戻ってくる。
広島で人生の再スタートをきったものの、不況で仕事を見つけるのに苦労したり、体調不良で思うように働けない時期があったり、実父が病気で倒れて亡くなったりなど、離婚後数年間は身のまわりが落ち着かず、職場も転々とする。
コーチとしての活動を始めてからは、娘の不登校に悩むが、コーチングで学んだことが心の支え、助けとなり、娘との絆が深く強くなる経験をする。
現在は、建設業の会社に勤務する傍ら、コーチとしての活動を地道に続けている。
これまで、平和への願いをこめて、広島でのコーチングの普及と発展に熱を持って取り組んできた。2011年8月にはコーチングを学び始めて以来8年間の夢だった、広島でのCTIのコーチングワークショップの開催を、仲間たちとともに実現した。
あきらめない粘り強い情熱、人間臭さが持ち味である。
コーチングの他、カラーセラピー(オーラソーマ)も行う。

Data & Career

住まい(都道府県):
広島県
年齢:
45~54
性別:
女性
コーチ料金:
無料サンプルセッション 1~3万円以内/月
セッション形態:
電話/スカイプ 対面
使用言語:
日本語
資格:
CPCC
アイデンティティ/専門領域:
本当の自分を知り、自分に正直に、大切にして生きる
コーチング時間:
300時間
クライアント延べ人数:
40人
コーチ歴:
2003年
クライアントの主な職業:
会社員、経営者、コーチ、コンサルタント、主婦、学生

Coaching Story

自分の経験や適性、自分らしさを活かせる仕事をしたいと模索していた頃、偶然ある雑誌にコーチという職業が取り上げられている記事を読んだのが、コーチングとの出会いでした。その記事を読みながら、胸がドキドキ高鳴っていったのを今でもはっきり覚えています。「これだ!これをやってみたい!」という強いインスピレーションのようなものを感じました。今思うと、それは単なる自分を活かせる仕事との出会いではなく、自分の人生にとって最も必要なものとの出会いだったと思います。

自分自身を愛するため、自分を大切にするためです。自分を愛せる人は、人を愛することができます。自分を大切にできる人は、人を大切にできます。そういう人が増えていったら、世界は平和になると信じているからです。

平和な世界を創ることです。コーチングを学び始めてすぐに、コーチングの考え方が広がっていけば世界は平和に近づく、と直感的に感じました。対立を乗り越えて、弱い人が傷ついたり犠牲になったりしない、人と人が深くつながれる、平和な世界を創ることに貢献したいと願っています。

本当の自分を知ることです。「本当の自分って誰?」「私は本当は何が好きで、何が嫌いなのか?」「私が本当にしたいことは何なのか?」そんな問いを大切にしています。

コーチングに出会う前の私は、自分のことが好きではありませんでした。自分の人生を半ば諦めているようなところがありました。生きることは私にとって、つらくて苦しいことでした。そんな私が、心の疼きに導かれ、CTIのワークショップを受けました。そこで感じたことは、自分のすべてが許された、という感覚でした。「生きていて良かった」と心の底から感じました。今も私はコーチングを通じて、「自分を愛すること」を学んでいますが、あの頃を思うと、今の自分は本当に楽で自由になったな、と感じます。

趣味で乗馬をしています。乗馬って、コーアクティブなんです。馬とどのようにコーアクティブな関係を創るか、いつも一生懸命馬のことを感じとろうと思いながら乗っています。大好きなコーチングと大好きな乗馬とをコラボさせるのが、今の私の夢です。

Link

Contact

コーチングセッションをご希望の方は、こちらから、本人に直接お問い合わせください。

本人に直接、お問い合わせ ※クリックすると、メールソフトが立ち上がります。

Page top