コーチ紹介

北 晃世(Kita Teruyo)

コーアクティブコーチ・システムコーチ

Profile

北 晃世

株式会社丸井に入社後、販売スタッフ、本社計数担当、バイヤー、アパレルショップ店長など約16年間にわたって勤務。

ショップ店長時代に「みんな優秀なのに、何故成果が出ないんだろう?」「何故みんないきいきと仕事をしていないんだろう?」という疑問からコーチングを学び始める。

その後、コーチングを通じて、人が大きく変化する機会に何度も立ちあい、これが私の仕事だと思い独立。

現在は、組織内コーチングの定着支援を行う「社外コーチ」、チーム・組織での対話を促進する「システムコーチング」、個別にセッションを行う「コーチング」を提供しています。

<資格>
米国CTI認定コーアクティブコーチ(CPCC)
国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)  
米国CRRグローバル社認定 システム・コーチ (ORSCC)
NLPマスタープラクティショナー  
国家資格キャリアコンサルタント

<トレーニング>
コーアクティブリーダシッププログラム修了

Data & Career

住まい(都道府県):
東京都
年齢:
45~54
性別:
女性
コーチ料金:
無料サンプルセッション 1~3万円以内/月 3~7万円以内/月
セッション形態:
電話/スカイプ 対面 グループ/ワークショップ
使用言語:
日本語
資格:
CPCC PCC
アイデンティティ/専門領域:
企業・組織で働く人、キャリア
コーチング時間:
780時間
クライアント延べ人数:
150人
コーチ歴:
2005年
クライアントの主な職業:
経営者、管理職、マネージャー、リーダー、教師、美容師、フリーランスなど

Coaching Story

●「人生の正午に出会ったコーアクティブコーチング」

私がコーチングに出会ったのは、30代後半でした。
「このままこの会社にいて良いのか?」と迷っていたころ、日経ウーマンで初めて「コーチング」という言葉を目にしました。

その中でコーチングとは「人の可能性を信じて関わるコミュニケーション」だと書かれていました。

何度も何度も読み返して、「これだ!!!」と胸が高鳴ったのを覚えています。
それ以来、コーチとしての道を歩んでいます。

●「人がその人の最大限を生きること」

人がありのまま、のびのびと生きることを支援します。
そのために、1人1人に備わったユニークさを(その人である素晴らしさ)を、本人が思っている以上に信じて伝えていきます。

●「人が互いを知り合い、自由に能力を発揮する世界」

人間関係のトラブルの多くは、お互いを良く知らないことから発生していると感じます。
今のその人だけで判断するのではなく、それに至った背景も知る必要があると思っています。
互いを理解する対話やシステムコーチングの提供を通じ、1人1人が能力を発揮できる未来を創っていきます。

●「いつもあなたの味方でいます」

私がコーチと契約する時に最初に尋ねるのは、「どんな時も味方でいてくれますか?」です。上手く物事が進む時も、頑張っても成果が出ない時も、コーチ1人だけでも自分の味方でいてくれることは、どれだけ力になるでしょうか?

「その人そのものを信じ味方でいること・率直でいること・ユニークさを承認すること・感じること」を大切にしています。

Link

Contact

コーチングセッションをご希望の方は、こちらから、本人に直接お問い合わせください。

本人に直接、お問い合わせ ※クリックすると、メールソフトが立ち上がります。

Page top