コーチ紹介

大谷 幸子(Sachiko Otani)

豊かに働こう! 上海在住コーチ

Profile

大谷 幸子

CPCC(米国CTI認定プロフェッショナルコーアクティブコーチ)
CTIリーダーシッププログラム修了(スペイン)
GCDFキャリアカウンセラー

1976年生まれ。千葉県出身。東北大学卒業。上海在住7年目。
三菱商事、リクルート、インフォブリッジを経て、コーチに。
上海にてコーチング会社を設立し、駐在員や海外でキャリアを切り開こうとしている方、中国人などをコーチしている。

私は働き始めてから、いつのまにかいろんなことに縛られてがんじがらめになっていました。
「いい会社で頑張らなきゃいけない」「もっとスキルアップしないと」「失敗は許されない」こんな思いでいっぱいでした。
本当は海外で働きたかったし、もっと自分を発揮したいって思いながらも、これがキャリアアップの道だと思い込んで頑張っていました。

コーチングが、その自分は本当に自分が望む自分ではないと気づかせてくれたんです。
心が本当に求めるものがわかったら、それまで必死に守ってきたものが気にならなくなりました。それどころか、本当にやりたいことを私らしくやっていったら、仕事や人がついてきました。
そんなことができるのがコーチングです。

いまの自分に違和感を感じていて殻を破りたい方、本当の自分の力に気づいて枠を越えたい方、豊かに働きたいと考えている方を、上海から自由な空気をのせて全力で応援します。
日本に住んでいらっしゃる方もスカイプでのセッションが可能です。

Data & Career

住まい(都道府県):
日本以外
年齢:
35~44
性別:
女性
コーチ料金:
無料サンプルセッション 1~3万円以内/月
セッション形態:
電話/スカイプ 対面
使用言語:
日本語 英語 その他の言語
資格:
CPCC
アイデンティティ/専門領域:
キャリアコーチング、エグゼクティブコーチング、グローバルリーダーシップ
コーチング時間:
200時間
クライアント延べ人数:
20人
コーチ歴:
2011年
クライアントの主な職業:
駐在員、経営者、海外で自分なりのキャリアを築こうとしている方、独立を考えている方、中国人など

Coaching Story

どん底の時代に出会いました。
私はもともと駐在員として上海に来ていたのですが、帰任辞令を機に、「上海でならもっと自分を発揮できる」という直感だけを頼りに会社を辞めてしまいました。
その後自分の存在価値をまったく感じられないどん底を経験し、「自分の本当にやりたいことを見つけたい」という思いで、以前から興味のあったコーチングを学ぶことにしました。
そこで初めて、自分がやってきたことが本当はやりたいことではなかったこと、心は人とのつながりや広い可能性に目を向けたがっていたことに気づき、資格コースに行く前に既に、コーチになって自分のように苦しんでいる人をサポートすることを決意していました。

豊かに働きつづけるために、コーチングは最良の相棒だと思うから。
私のように気づかないうちに自分を殺してしまっている人を自由にし、その人のパワーを発揮してもらいたいから。
そして、その人の無限の可能性が見えてくる瞬間、深いところでつながれる瞬間に立ち会いたい。

それぞれの人が、その人らしく、豊かに、自由に生きることを満喫している世界。
それによって、人と人とがもっとつながり、思い込みや違いを越えて、世界がつながり、新しい考え方が生まれ、わくわくするような未来を創っていくこと。

・クライアントの思いを大切にすること。
クライアントがその瞬間に感じている思いを、その方の人生の1ページとしておろそかにせず、大切に扱います。
・クライアントに対して思い込みをもたないこと。
人は常に変化していくので、その時々のクライアントを常に思い込みなくフレッシュな目で見、クライアントの新たな可能性をキャッチします。
・率直に言い合える関係をつくる。
クライアントとの時間をよりよい時間にするために、何でも言い合える関係、雰囲気を作ります。

私のコーチングスタイルはとても自由です。きちっきちっと進んでいくよりも、気づいたら違うところに来ている感じです。
時にはスパッと直球を投げたり、時にはゆるーく遊び心満載で進んでみたり、時にはシリアスに悲しみに浸ったり、クライアントと流れにそって一緒に創っていきます。

・豊かに働きたいという思いを持っている方、心から自分を発揮したい、自分らしく生きたいと願っている方
・自分の殻を破りたい、枠を外し自分の無限の可能性を見たいと思っている方
・海外で働きたいと思っている方
・海外に住んでいて、そこでの生活や仕事をもっと充実させたいと思っている方
・独立を考えている方

Link

Contact

コーチングセッションをご希望の方は、こちらから、本人に直接お問い合わせください。

本人に直接、お問い合わせ ※クリックすると、メールソフトが立ち上がります。

Page top