コーチ紹介

菅 圭二(Suga Keiji)

いっしょに笑おう!全力応援コーチ

Profile

菅 圭二

コーアクティブ・プロフェッショナルコーチ(CPCC)
兵庫県出身。56歳。

弊社のコーチングとは・・
“自分で考えて、自分で決めて、自分で動く”人材へ成長するために全力で応援する!が弊社のミッションです。
そして特にこの3つの言葉を大切にしています。

信頼:豊富な経験から、あなたの想いや感情すべてを受け止め、承認します。
共感:自分の気持ちをわかってくれる人がそばにいる。これが前に踏み出す力の源になります。
認知:あなたが大切にしている価値観や魅力を引き出し、確固たる自信につなげます。

経歴は・・
1986年 大手電機メーカーに技術者として入社。光ディスク金型業務を担当。
恩師と仕事を共にしたことが、人生の転機となる。
その後総合研究所にてDVD、ブルーレイの研究開発業務を行う。
人事部へ異動後人材戦略、新人研修、階層別研修、採用を担当。
2017年に独立し、ポジティブアプローチを開業。コーチング資格の勉強を開始。
2018年「自分で考え決めて動く」人材を世の中に増やしたいという思いから、CPCCの資格を取得。
現在は、プロコーチとして、個人の成長の支援に奔走している。

その他・・
・「学生と社会人をつなぐ絆CAFE(対話会)」をのべ51回開催。学生と社会人が、本音で語り合う場を提供してきた。
2019年ウェイクアップアワードを受賞。
・「手話コーラス」への参加を、20年余り継続してきた。

Data & Career

住まい(都道府県):
兵庫県
年齢:
55~64
性別:
男性
コーチ料金:
無料サンプルセッション 1~3万円以内/月
セッション形態:
電話/スカイプ 対面
使用言語:
日本語
資格:
CPCC
アイデンティティ/専門領域:
ライフコーチ/エグゼクティブコーチ/ビジネスコーチ/リーダーシップ/ファシリテーション/就活支援
コーチング時間:
300時間
クライアント延べ人数:
40人
コーチ歴:
2016年
クライアントの主な職業:
会社経営者、会社管理職、主任クラス、子育て主婦、個人事業主(プロゴルファー、俳優)、学生など

Coaching Story

20年ほど前に、二人の後輩から別々に「すがさんは、コーチングを取得したらいいと思いますよ。」と言われ、訳も分からずセミナーへ参加したのがきっかけです。
その時「私の憧れの恩師がやっていたのはコーチングだったんだ!」と気づき、強烈な衝撃を受けたことを今でも覚えています。

20代後半の時に恩師(今で言うコーチ)と出会い、たった3ヶ月で大嫌いだった仕事が大好きになるという貴重な体験をしました。その時の私は、本当に音を立てて変わっていったのです。
なにせ会社へ行くのが嫌だった私が、休日に「早く月曜日にならないかな。早く仕事をしたいな。」と思うようになったのです。それからの私は見違えるように仕事に没頭し、仕事の真のやりがいや喜びを体感できました。
そして希望の部門への異動も叶いました。「コーチングで、世界中の人に笑顔になって欲しい!」これが私がコーチングをする理由です。

人は1日に6万回思考しているそうです。それもそのうちの95%は前日も前々日も考えていたこと。これ驚きませんか?
私は「自分で考えて、決めて、動く」人材をつくりたい。そうすると、毎日繰り返されるモヤモヤ思考がポジティブ思考に変わります。

他人が敷いたレールの上を走る人生から、自分で選び、動く人生へ!
そんな生き方が当たり前になる社会をつくりたいのです。

コーチである私とクライアントの方のBeing(どうあるか)に注目します。
そしてクライアントが今発する言葉の奥底にある感情や言葉の向こう側にある魂の響きを感じたいです。
それは、長年組織の現場に席を置いた経験からくる、直感や好奇心をフル活用することが私の持ち味だからです。
組織には個人で得られない大きな喜びもあります。しかし逆に理不尽なこと、割り切れないこともたくさんあります。
コーチングでは、クライアントが普段口に出さない本音の言葉を引き出し、本質的変化を呼び起こすことを大切にしています。

・自己を見つます。
・自分のことを、認めて認めて認め切ります。
・こどものような「ありのままの自分」を感じます。
・そして枠の外へ出たくなるあなたを全力で応援します。
・契約が終了後もセルフコーチングが継続する”発想ノート術”もご伝授いたします。

私は42歳の時に、ステージ4の虫垂癌になり、大腸を切り取る大手術を行いました。
その時私は死を覚悟しました。幸い病気は完治し、今は以前より楽しく元気に生きています。
今コーチとなり、「生かされている喜び」を強く感じています。

Link

Contact

コーチングセッションをご希望の方は、こちらから、本人に直接お問い合わせください。

本人に直接、お問い合わせ ※クリックすると、メールソフトが立ち上がります。

Page top