コーチ紹介

若栁 翼(Wakayanagi Tsubasa)

小さな日常に翼を授けるコーチ

Profile

●行動と学習を促進するコーチ
●playful team workerとして、学びと遊びの交差点を演出します

1984年、宮城県仙台市生まれ。
中学・高校時代の生徒会活動、校外のボランティア活動を通じて、
自らの純粋な想いから行動すること、想いを同じくする仲間と協働して物事を成し遂げていくことの楽しさを学びました。「ボランティア」=志願する人である、ことが私の原点にあります。

早稲田大学教育学部・同大学院教育学研究科修士課程修了。
「関係性の教育学」をテーマに、生涯学び続けていくための対話的な学習手法(コーチング・ファシリテーションなど)について研究しました。
2008年、CTI Japan応用コース修了(81期)。コーチとしての活動を開始。

その後、教育系ベンチャーにて複数の文部科学省委託調査・病院看護師を対象とした研修事業の立ち上げに関わります。
同時期に、パートナーとの結婚・第一子の誕生・引っ越しと、大きな節目を経験しました。自分でも気づかぬ疲労の蓄積もあり、2012年はじめに休職し、その後独立をしました。

現在は、「学びの案内人」を屋号として、プロコーチ・研修講師として仕事をしています。

Data & Career

住まい(都道府県):
埼玉県
年齢:
25~34
性別:
男性
コーチ料金:
無料サンプルセッション 1~3万円以内/月
セッション形態:
電話/スカイプ 対面
使用言語:
日本語
資格:
CPCC
アイデンティティ/専門領域:
生涯教育学。人が一生涯学び続けて心身ともに豊かに暮らすために、コーチングを活用します。
コーチング時間:
200時間
クライアント延べ人数:
20人
コーチ歴:
2009年
クライアントの主な職業:
● 企業経営者、起業家、マネージャー層。 ● 人を支援する専門家。(大学教員・学校教員・獣医師など)。 ● コーチと同世代のビジネスパーソン(男女問わず20-30代) 職業にかかわらず、年単位で関わるクライアントさんが多いことが、私の特徴でもあります。

Coaching Story

私の隣や、近くで働いている人の力になりたいと思っています。身近な人々の関係性に変化を与え、日常の彩りを少しずつ豊かにしていくこと。そのためにコーチングをしています。
2004年初めにコーチングに出会って以来、私にとってコーチングをすることは当たり前である感覚です。誰かにちょっと相談したいな、愚痴を聞いて欲しいなと思うときが誰にもあるかと思います。そんな日常の中で、傍らで話を聞き、感情や考えを受け止め、自身に立ち戻るコーチングをしたいのです。

私のコーチングを受けたクライアントさんが「これだけの変化を私にもたらしてくれているのに、この値段は安すぎる。値上げしなさい」と私に説教し、自主的に値上げした金額を支払ってくれたことです。クライアントさん自身が、値上げを選択してコーチの私を教育してくれたことに、とても感動しました。
サービスの提供者に対して値上げを迫って、実際にそれを支払ったことがあったか。私自身はそのような行動はしたことがありません。その選択がどれほど勇気のいることかを思うと、クライアントさんへの感謝と、コーチングで築いた関係性のパワフルさを感じます。

コーチとクライアントの関係性には、「友情friendship」が土台にあると私は考えています。
ここでの「友情」とは、お互いに1人の人間として、その人の生き方やあり方を尊重すること、目指すものに向けて時には思いきり踏み込んでがぶり四つで組み合うこと。これらをイメージしていただくと良いでしょう。そうした友情は、コーチングにとっても大事なものだと考えます。
-shipというように、お互いに同じ船に乗り込み、順風でも逆風でも、荒波でも小々波でも、ともに航海をすることがコーチとして譲れないものであり、大事にしていることです。

クライアントになるあなたのことを、まずよく理解したいと願っています。同時に、コーチングの関係性を組む私のことをもよく理解して欲しいと願っています。
コーチングの手法やスキル、スタイルも様々にありますが、あなた自身がコーチングの枠に合わせる必要はないと考えています。あなたに合ったコーチングのスタイルを選択し、コーチとして自信を持って提供することが私のスタイルです。
ですから、導入セッションはもちろん、折々のセッションの前中後に、お互いの要望を伝え合うことや、相互の理解を深めることを手抜きせずにやっていきます。関係性を良好に保つことは、セッションの質を向上させるために不可欠だと考えます。

強さと弱さを同時に抱え、決断をするときには大いに迷い、右往左往してしまうような人が好きです。
即断即決など出来ないけれど、自分の頭・体・心を通して、不器用でも時間をかけて、自分としっかり向き合うことを望んでいる人のコーチングをします。

・食事はゆっくり食べます。アルコールやカフェインは弱いため、控えています。
・気圧や気候の変化に敏感なところがあり、特に冬場は体調の好不調の波が激しく、自己管理に多く時間を割いています。
・力を入れることより、力を抜くことを大事にしています。

Link

Contact

コーチングセッションをご希望の方は、こちらから、本人に直接お問い合わせください。

本人に直接、お問い合わせ ※クリックすると、メールソフトが立ち上がります。

Page top