コーチ紹介

渡辺 一廣(Watanabe Kazuhiro)

やればできるコーチ(田川コーチング会)

Profile

渡辺 一廣

 本物のコーチングに肌で触れたくて世界へ一人旅。ICF主催の国際会議:ラスベガス(2011),ロンドン(2012),シドニー(2013),クリーブランド(2104)に一人で参加してきました。ベガスでは世界の43カ国から約1000人のコーチが参加し熱心な議論が行われました。そこで、世界中のコーチの熱いエネルギーを全身で吸収して帰国しています。 2006年にコーチングに出会った時には、自分が一人でICFの国際会議に参加するなど夢にも思いませんでした。私にとっては、まさに人生の想定外の出来事。参加は、将来のクライアントへのため腕を磨く目的でもありました。帰国後、不思議なことにスキルアップを実感しています。なんと不思議なことか!!!
【コーチング歴】2006年 英語でコーチングを受講 
2011年1月 CPCC取得  2011年5月 ICF会員 2012年3月 ACC取得
ICF国際会議に4回参加:ラスベガス(2011),ロンドン(2102),シドニ-(2013),クリーブランド(2014)
2011年11月 Lynn A. Robinsonの直感のワークショップを受講 
【職歴】エンジニア(技術者)。県立高等学校に勤務。(定年退職 後)大学の広報活動
【学歴】1971年3月 国立大学法人 九州工業大学 工学部 機械工学科卒業 2011年度より放送大学在学 
【モットー】二度とない人生だから明るく歩きたい

Data & Career

住まい(都道府県):
福岡県
年齢:
65~74
性別:
男性
コーチ料金:
無料サンプルセッション 1~3万円以内/月
セッション形態:
電話/スカイプ 対面 グループ/ワークショップ
使用言語:
日本語 英語
資格:
CPCC ACC
アイデンティティ/専門領域:
・教育界、経営者、各種団体関係者、市会議員
・人生を真剣に楽しく歩きたいと願っている方
コーチング時間:
300時間
クライアント延べ人数:
23人
コーチ歴:
2006年
クライアントの主な職業:
・会社員、金融関係者、主婦、コーチを希望している人。 ・年代は20代、30代、50代の女性および男性。

Coaching Story

2006年、コニュニケーション技術の一つの手法として学び始めたのがコーチングとの出会いでした。コーチングとは何かを体験しようと思い、以前より英語を学んでいましたので、「よし、同じやるなら英語でコーチングを受けてみようと考え、CPCCのコーチからずっとコーチングを受けています。CO-ACTIVE COACHING を知ったのもCPCCのコーチとの偶然な出会いがきっかけでした。コーチングを学ぶ中で、CO-ACTIVE COACHINGは非常に奥深い考え方であること、ただ単なるコミュニケーション技術の一つではないことにを確信し、人生を考えるようになりました。

・クライアントの琴線がかなでる澄んだ美しい音色を聞いた瞬間
・ICF(国際コーチ連盟)主催の国際会議、2011年ラスベガス、 2012年ロンドン、2013年シドニー、2014年クリーブランドに参加して、世界中から出席していたすばらしい、パワフルなコーチと出会えたこと。

・世界に開眼したこと(国際会議に出席)
・一言で言えば「人生が楽しくなった」こと
・Self limitationがなくなったこと。
・日常の会話が楽しくなったこと。
・見えていなかったことが見えるようになり、感じていなかったことが感じられるようになったことなど。
・予期しなかった目標が次から次に現れてきていること。
など

・自分の未知の能力を発見しいろんなチャレンジをして人生を楽しく 生き生き送りたいと考えている方
・経営者、市会議員
・定年退職をまじかに控えた方、すでに、退職されている方
・学校関係者(管理職、主任主事等)
・地方行政の各団体役員など
・PTA関係者

平成18年4月,コーチングとの出会いの一つがこの相互コーチング。いろんな方に叱咤激励されて今では相互コーチングも280回を超えました。平成23年CTIにCPCC(certified professional co-active coach)の資格を取得。今までのお礼の気持ちをこめて、CTIのコーアクティブ・コーチングを提供中。応募していただいた方と楽しいセッションを過ごしております。2011国際コーチ連盟(ICF)の国際会議にラスベガス,2012ロンドン、2013シドニー,2014クリーブランドに行ってきました。そこで本物のコーチングに触れ、すごいパワフルなエネルギーを吸収して帰国。

Link

Contact

コーチングセッションをご希望の方は、こちらから、本人に直接お問い合わせください。

本人に直接、お問い合わせ ※クリックすると、メールソフトが立ち上がります。

Page top