コーチ紹介

山縣 いつ子(Yamagata Itsuko)

セルフリーダーシップを取り戻すお手伝い

Profile

山縣 いつ子

1972年大阪生まれ。神奈川育ち。中央大学卒業。専門誌の出版社にてビジネスセミナー企画、編集担当。当時は興味の赴くまま産業カウンセラーの資格を取得。が、その後はオムロンの人文社会系のシンクタンクにて研究員という異色の転職を果たすが、研究職という慣れない仕事についていけず挫折。父の経営する会社で契約社員をやりながら細々とフリーとして活動を開始。その後、コーチングと出会う。子どもの頃からとにかく人の話を聴くことが得意だったため、「これが仕事になるんや〜!」と驚いた。 結婚後、少しは安定するかと思いきや、婦人科系の病気で倒れ、急遽手術。体調、気持ち的な復帰に1年ほどかかる。 全てが、さら地になった状態に底を打ったか、コーチングやリーダーシップの学びに情熱を注ぎ、ようやく人生の低空飛行から脱出。 前職とは関係のない分野だったが、体当たりで様々な仕事をし、目の前のことをとにかく熱意と思いでやらせていただいたことが実を結び、実績を重ねていくことができた。 関係性コーチング、古の教えや、瞑想、リーダーシップなど興味のあることはとことん学び、これらのことが全てコーチングへとつながっていく。コーチング実績は180名以上、1000時間以上。
■資格等:PCC/CPCC(米国CTI認定プロフェッショナルコーアクティブコーチ)/CRRグローバル認定コーチ/CTIジャパン・リーダーシッププログラム修了/産業カウンセラー

Data & Career

住まい(都道府県):
神奈川県
年齢:
45~54
性別:
女性
コーチ料金:
無料サンプルセッション 3~7万円以内/月
セッション形態:
電話/スカイプ 対面
使用言語:
日本語
資格:
CPCC PCC
アイデンティティ/専門領域:
中間管理層、若手マネージャー、高度専門職のリーダーおよびセルフリーダーシップを発揮したい人
コーチング時間:
1000時間
クライアント延べ人数:
180人
コーチ歴:
2005年
クライアントの主な職業:
医師、ベンチャー企業経営者、プロジェクトマネジャー、士業、中間管理職(部長、課長)、非営利団体リーダー その他学生、主婦

Coaching Story

私は、その方のセルフリーダーシップに興味があります。これは他者を牽引する力だけではなく、自分自身の人生を生きていく力とも言えます。誰しもがもつオリジナルのリーダーシップ。このことを引き出すことがコーチングをしているときも、研修やワークショップをやっているときも自分自身の使命だと思っています。最近では自身も含め、力強い男性的なリーダーシップだけではなく、柔軟で思いやりに長けた女性的なリーダーシップ開発にも興味を持っています。

組織も本来は「個人」の集まり。
「個」の意識と「集合意識」の幸せの共鳴は素晴らしいものに違いない。
そんな姿を多く見ていきたいのが私の夢です。

・関係性 
コーアクティブな関係はもちろんのこと。なぜ私とあなたが出会ったのか。コーチングという関係以上に何かがあるでしょう。それを信じたい。
・サポートであること
コーチングそのものは、相手の中に答えがあるという以上に「その人の自律性(私はこれがその方のリーダーシップの第一歩だと思う)」を促していくサポートだと思っています。
・セルフリーダーシップ
クライアントさんがセルフリーダーシップを持って、自分らしく生きていくことを大事にしています。

・セルフコーチング、クライアント力を上げる
・あなたならではのリーダーシップのあり方(男性的であり女性的なもの)をみつめる
・そこからの行動をしっかりしてもらう
係りとして、直感的で感覚的なアプローチと、思考的なプローチの両方をバランスよく使っていきます

・組織内でリーダー的存在の人
・高度専門職に就いている人(オーナーシップを発揮して働いていく人)
・役職等の「リーダー」であるかどうかに関係なく、自分自身の「リーダーシップ」のあり方について追求したい人

私の財産は、コーチング、リーダーシップなどの学び、NPO分野、前職で出会った人たち、遊びで出会った人たちなどの人との繋がり。枠を超えて友人関係としてつながっており、人生の低空飛行の時にもたくさんささせられた。今も支えられており感謝してもしきれない。その仲間同士を繋ぐことも好きなことの一つ。
趣味はヨガ、お酒を飲むこと、神輿を担ぐこと。人と話すこと。

Link

Contact

コーチングセッションをご希望の方は、こちらから、本人に直接お問い合わせください。

本人に直接、お問い合わせ ※クリックすると、メールソフトが立ち上がります。

Page top