コーチ紹介

知花 里香(Chibana Satoka)

挑戦を共に楽しもう

Profile

知花 里香

・役職や権威を前提としないリーダーや、リーダーシップはどんなスキルやあり方が必要なのか?
・どうやったら自律的な、自己組織化するチーム・組織ができるのか?

といった大いなるテーマをもとに、実践と学習をしていく中で、コーチングとも出会いました。
大学卒業後、(株)時事通信社にて東京・広島での営業経験後、(株)ディー・エヌ・エーにて主にチーム・組織開発に従事。特に「アジャイル開発」「スクラム(チーム協働フレームワーク)」を全社的な改善につなげるために奔走。
その後Odd-eにてIT企業を中心に、企業のアジャイル変革、リーダー・チーム改善を実践。現在はフューチャーセッションズで企業の文化変容、部門を超えた共創や、(企業/NPO/行政など)セクター同士のコラボレーションを支援。新しい価値やイノベーションを起こすファシリテーターとして活動しています。

プライベートでは、自身の妊娠出産をきっかけに、女性のリーダーシップと、パートナーとの協働方法が鍵だと実感。コーチとしても、そんな悩みを抱えたり生きずらさをお持ちの方を、持ち前のエネルギーの強さでバックアップします。

■資格
- 米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ(CPCC)
- 米国Scrum Alliance認定Certified Scrum Professional®(CSP-SM)
- 社団法人 日本アタッチメント育児協会認定 育児セラピスト 

Data & Career

住まい(都道府県):
東京都
年齢:
35~44
性別:
女性
コーチ料金:
無料サンプルセッション 1万円以内/月
セッション形態:
電話/スカイプ 対面 グループ/ワークショップ
使用言語:
日本語
資格:
CPCC
アイデンティティ/専門領域:
アジャイル・スクラム・リーダーシップ開発・自律型チーム/組織開発・イノベーションマネジメント
コーチング時間:
200時間
クライアント延べ人数:
30人
コーチ歴:
2018年
クライアントの主な職業:
企業、中小企業の管理職 ・20代、30代の企画・ディレクション・PM職・新卒社員・次世代リーダー層・システムエンジニア

Coaching Story

チームリーダーを行ってきた時のこと。チームメンバーの、仕事や働き方に対しての価値観の違いや、対立関係からくる人間関係の不調和にうまく向き合えず、「何かが自分には足りない。。」とどこかで気付きつつも、私自身どのようなリーダーシップを発揮すればいいのか分かりませんでした。「チームの力」って、どうやったら最大限発揮できるの?そのために、私には何ができる?ーーそんな課題感から、「指示型から支援型へのリーダーシップ」を学ぶ中でコーチングにも出会いました。

みんなの人生の選択に立ち会える時。いつも嫌で投げ出していた仕事に意味を見いだせて好きになった。転職をした。40年のコンプレックスから解放され、自分自身で感情や考えのマネジメントができるようになった、などたくさんの選択の後に見える景色に立ち会わせてもらう時、私自身もとても充実した気持ちになります。

行動を促すこと、小さくても一歩前に、を大事にしています。一人ひとり皆なりのリーダーシップを、もっと大切にしてもらいたい。私も一緒に大切にしたい。そんな思いでクライアントの伴走をしています。
もちろんぐしゃぐしゃになる時も、立ち止まる時も逃げるときもあっていい。嬉しいことも一緒に目一杯喜んで、悲しい時は一緒に泣く。2人でなら乗り越えられます。そこから見える景色を、一緒に観にいきましょう。

・コーチとの協働を通じて
 ・自分の本当の願いや気持ち、考えに素直に正直になる(ことに慣れる)
 ・自分で気づいていない気持ちや考えの発見
 ・行動パターン、思考パターンの発見
 ・何か言葉にならないモヤモヤした気持ち、考えの整理や言語化
・コーチングの機会を通じて
 ・日々の挑戦と学習のリズムをつける
・最大の応援を受け取る
 ・嬉しい時に話したい場所、辛い時に帰れる場所
 ・頑張りたい時に気合いをいれる場所

①自分の中での2つの自分の存在を認知できたこと。男性性のような自分と女性性のような自分。打たれ弱い自分、気にしいな自分が大嫌いでなくなればいいのに、、と思っていたけれど、実は優しい、柔らかい大切な自分の一部であると認められたこと。
②「(自分は無価値だから)価値を探しに行く」という自己肯定が低い状態から脱却できたこと、自分を自分で認めてあげられたこと

Link

Contact

コーチングセッションをご希望の方は、こちらから、本人に直接お問い合わせください。

本人に直接、お問い合わせ ※クリックすると、メールソフトが立ち上がります。

Page top