コーチ紹介

出水 俊介(Demizu Shunsuke)

変化を応援するコーチ

Profile

出水 俊介

1965年生まれ
1989年に東京電機大学を卒業後、2度の転職を経験しながら30年以上ITインフラの業界で働いています。2010年からは現在の会社でエンジニア部門の管理職をしています。

転機は2013年で、急遽人材育成部門を担当したことをきっかけに、コーアクティブコーチングの基礎コースを受講したことです。
その時の「ただ、自分の話を聞いてもらえるだけで、こんなにも見える景色が変わるのか!」というクライアントの体験に衝撃受け、そこからはエンジニアとの向き合い方に自分の好奇心が向かっていきました。

キャリアコンサルタントの資格を取得した後、エンジニア部門の管理職に戻ってからコーチングの学びを再開し、2020年にCPCCを取得しました。
その時感じた事、それはコーチングは人生を変える力を持っている!

現在はエンジニア部門の管理職をしながら、副業としてコーチングを実施しています。

2014年:CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)取得
2020年:CPCC(Certified Professional Co-Active Coach)取得

趣味はスキー、スポーツ観戦、映画鑑賞

Data & Career

住まい(都道府県):
神奈川県
年齢:
55~64
性別:
男性
コーチ料金:
無料サンプルセッション 1~3万円以内/月
セッション形態:
電話/スカイプ 対面
使用言語:
日本語
資格:
CPCC
アイデンティティ/専門領域:
マネジメント/インフラエンジニア/キャリアコンサルタント
コーチング時間:
150時間
クライアント延べ人数:
15人
コーチ歴:
2019年
クライアントの主な職業:
20代~30代の会社員、管理職、経営者

Coaching Story

2013年に基礎コースを受講し、コーチングってスゲーと思いながらも、心のどこかに「向上心があり、自分を変えたいと思っている人にしか効果が出ない」という一種の思い込みがありました。

ちょうど人材育成部門に異動したばかりで、いろいろ考えた結果、キャリアコンサルタントの資格を取得しました。キャリアコンサルタントのスキルは役に立ちましたが、同時に何か物足りなさを感じていました。
それはあの「向上心があり、自分を変えたいと思っている人」に対してはコーチングのほうが、より強い味方になってくれるのでは、ということでした。

その後2018年にコーチングの学びを再開させ、現在に至っています。

コーチングとは徹底的に自分と向き合う時間だと思っています。
もっと自分のことをよく知りたいと思っている人に
自分自身の価値観や可能性について感じてもらい、
そこから次に進む変化へのチャレンジを寄り添って応援していきたいと思います。

「年齢に関係なく新しいことを学び、変化することができる」

ということです。

私が初めて基礎コースを受講したのが47歳。そこからキャリアコンサルタントの勉強を始め、CPCC(コーチングの資格)を取得したのが54歳。
おそらく取得した年齢や、取得にかけた期間はこの紹介ページに載っている中でもかなり遅く、そして長かったのではないかと思います。

そのために何より大切なのは、コーチングによって得ることができた「人生の目的」です。
どんな状況でもこの「人生の目的」があると、自分考える方向性にぶれがなくなりました。
このコーチングの力を、いろいろな人に伝えていきたいと思っています。

私が意識しているのは「親愛なる隣人(スパイダーマンより)」で、
世の中を変えるほどの大きな野心は持っていませんが、自分とかかわりのあった人に
少しでも幸せな人生を味わってほしいと思っています。
それはコーチングするクライアントでも一緒に仕事をする仲間でも変わりありません。

現在はITインフラの企業で管理職をしながら副業でコーチングを実施しているので、
土日、もしくは平日の夜にお願いします。

Link

Contact

コーチングセッションをご希望の方は、こちらから、本人に直接お問い合わせください。

本人に直接、お問い合わせ ※クリックすると、メールソフトが立ち上がります。

Page top