コーチ紹介

井上 ちから(Inoue Chikara)

プロコーチ/明日をもっとよくするチカラ

Profile

井上 ちから

1978年茨城県生まれ。大学卒業後食品メーカーに営業職として入社。
2009年コーアクティブ・コーチングに出会い人生が大きく変化する。2010年よりリーダーシッププログラム受講し翌年修了。2011年東日本大震災をきっかけに以前より住みたかった熊本へ移住。
2012年より「人の想いを広めるお手伝いをしたい」と思い広告代理店へ入社。2018年8月念願だった独立を果たし株式会社ワルツを創業。コーチングにおいても2017年より上級コースを受講し2018年5月CPCC取得。
広告代理店によるクライアントのプロデュースとプロコーチとしての2足の草鞋で奮闘中。
タグライン(キャッチコピー)は「明日をもっとよくするチカラ。」

Data & Career

住まい(都道府県):
熊本県
年齢:
35~44
性別:
男性
コーチ料金:
1~3万円以内/月
セッション形態:
電話/スカイプ 対面
使用言語:
日本語
資格:
CPCC
アイデンティティ/専門領域:
コーアクティブ・コーチング
リーダーシップ
マネージャー
中小企業
ライフデザイン
コーチング時間:
200時間
クライアント延べ人数:
30人
コーチ歴:
2018年
クライアントの主な職業:
会社員 主婦 管理職 経営者 個人事業主

Coaching Story

食品メーカーの営業をしていた2009年に出会いました。
当時、後輩の育成に課題を感じ「その人のモチベーションに火をつけるにはどうしたらいいのか」という問いを持っていた中で、コーチングを紹介され「自分が探しているものが世の中に具現化されたものがあるのか!」という衝撃を受けました。
その後基礎コースに行き、今のコーアクティブ・コーチング、コーアクティブ・リーダーシップへの道のりが始まりました。

まず思い出されるのがあるクライアントさんが3ヶ月で劇的に変わったことです。特に転職をしたり独立をしたりという外的な変化を起こしたわけではありませんが、あり方が本当に変わりました。一言でいうと「心の平和を手に入れた」ような。今もお仕事でご一緒させていただいていますが、本当に「本来のその人」らしい生活を送っているのをいつも見させてもらっています。
別の方では1年間の中で劇的に外的変化を起こされた方も思い出されます。「決意」の力がこれほどまでに素晴らしいということに感銘を受けました。

「その人らしさ」を一番大事にしています。同時に無理をしないことも大事にしています。
人生とは進むときには進むし蓄える時期には蓄えるものではないかなと思います。ある意味では日本の四季のように季節のようなものかもしれません。そんなバイオリズムを大切にしつつ、でも本当に進みたいことがあるときには直感でお伝えしながらその人らしい人生を生きることを心から願っています。

コーチングとは何かと考えたときに「自分の中の答えを出すお手伝い」なのではないかと思っています。それは他の誰でもないあなた自身のもの。だから私はコーチとしてただただ「あなたの中にある答えを出すお手伝い」を大切にしています。

全てが変わったと言っても過言ではありません。
2009年東京に住んでいて会社員だった私は、2020年現在熊本に暮らしていて、念願だった独立起業も果たしました。
家族との関係性、友人との関係性、仕事、働き方、生き方、考え方、住むところ、すべてが変わったと言っても過言ではないかもしれません。そしてそれらはすべて「本当に自分を生きる」ために前進してきました。出会ってよかったと思っています。

プロフィールにも書いていますが、「株式会社ワルツ」という広告代理店を起業し、プロコーチと二足の草鞋を履きながら活動しています。
「ワルツ」という社名は私がいつもいっしょに仕事をしているデザイナーさんが起業するときに名付けてくれたのですが、(広告の)クライアントさんとお話をしているときの様子がワルツを踊っているようなところから名付けてくれました。とても気に入っています。まさに「ワルツを踊るように」コーチングも楽しんで、コーアクティブにダンスしていきたいと思っています。

Link

Contact

コーチングセッションをご希望の方は、こちらから、本人に直接お問い合わせください。

本人に直接、お問い合わせ ※クリックすると、メールソフトが立ち上がります。

Page top