コーチ紹介

松浦 瞳(Matsuura Hitomi)

コーチ・コンサルタント

Profile

松浦 瞳

東京生まれ。幼少期はドイツ・イタリア・アメリカNJ州で育つ。
新卒は、外資系化粧品メーカーに入社。その後、(株)博報堂コンサルティングにてブランドコンサルタントに転身。 東京・シンガポール両オフィスに所属するコンサルタントとして、アジア各国でのマーケティング・ブランド戦略の立案や、グローバルブランドマネジメントを行うための仕組みの開発や組織(再)設計などのプロジェクトをリード。
その後、国内大手メーカーの経営戦略部にて、コーポレートブランドのビジョンメイキング、ブランド組織の再設計、グローバルブランドマネジメントのオペレーション改革などの業務に従事。
2017年1月より、独立し、現在は戦略コンサルタント兼ライフコーチとして活動。
「企業や人に火をつける・喚起させる」という想いを込めて、株式会社igniteを設立。

Data & Career

住まい(都道府県):
東京都
年齢:
25~34
性別:
女性
コーチ料金:
1~3万円以内/月
セッション形態:
電話/スカイプ
使用言語:
日本語
資格:
CPCC
クライアントの主な職業:
男女問わず、10代から50代まで幅広い年齢層の方。 学生さんから、マネージャー、エグゼクティブ層まで。 会社員、フリーランス、起業家、これから独立を予定している方、など。

Coaching Story

私には、自分の弱さを隠すことに必死になっていた時代があります。
弱い自分に蓋をして、強い自分を演じ、
自分の本当の願いよりも、「周りからどう思われるか」に振り回されていました。
ただ、その時代の自分は必死に努力をしてもどこか満たされず、自信もつかず、このままでよいのだろうかと悩んでいました。

自分が否定していた自分も「自分らしさ」を構成する1つの要素

そう考えるようになってから、力まずに自分らしくパフォーマンスを発揮できるようになり、満たされるようになったように感じます。

この原体験から “自分らしさ”を開放をテーマにコーチングをしています。

「 “自分らしさ”を開放し、その人の本来持っているチカラを最大限引き出すこと」をコーチングでサポートさせて頂いています。
(特にビジネスの場面では)強くあろうと”武装”してしまい、その人の「弱さ・恐れ・不安や本当の願い」に蓋をしてしまうケースが多いように感じます。
日常の中で蔑ろにしてしまっている「弱さ・恐れ・不安や本当の願い」は、蓋をし続けてしまうと苦しみや葛藤や自分自身への制限を生み、本来発揮できるパフォーマンスを妨げる要因になります。
コーチングを通じて、蓋をしている要素と向き合うことで、その人の本来持っているチカラを最大化できるように、伴走していきたいと思っています。

① 弱さ・恐れ・不安など一見ネガティブに感じられることさえも、その人のリソースであり、可能性であること
② クライアントの願いやビジョンに寄り添い、クライアントの方以上にそれを信じ、あきらめないこと
③ クライアントの思考や感情の整理をすること。コーチの主観を押し付けないこと
④ コーチングの場でお話しいただいたことは、完全に守秘義務であること
⑤ クライアントの方ペースに合わせて、クライアントの方主導で行うこと (コーチングの予約はクライアントの方が好きなタイミングでとれるようにしています)

・起業家・経営者・フリーランスの方
・起業家・経営者・フリーランスを目指している方
・1年後、5年後、10年後の(人生の)ビジョンを描きたい方
・転職をするか、キャリア全般で悩んでいる方
・この1年間の行動目標を決めたい方
・誰かにマネジメントしてもらえた方が、確実に行動を実行することができる方
・自分自身に枠をはめ、限界を決めてしまっている方
・もっと自分らしい人生を歩みたい方
・もっと成長し、ハイパフォーマンスを出していきたいと思っている方

コーチングでは人には話しづらいテーマも扱います。
安心してお話し/内省するためには、セッションを行う際の「環境」も重要な要素と考えています。

私のコーチングでは、
オンラインで音声のみで実施(※リクエストがあれば動画をオンにします)し、
私がセッション中のメモを取ることで、

内省をする上で大切となる以下の3つの環境作りに努めています。
①リラックスした体勢で話すことができること
②自分の表情(笑顔にならないと/涙を流していると恥ずかしいなど)を気にしなくてよいこと
③メモを取らないと!と焦らなくてよいこと

Link

Contact

コーチングセッションをご希望の方は、こちらから、本人に直接お問い合わせください。

本人に直接、お問い合わせ ※クリックすると、メールソフトが立ち上がります。

Page top