コーチ紹介

深井 沙織(Fukai Saori)

あなたの新しい物語を紡ぎ出すコーチ

Profile

深井 沙織

1971年 長野県諏訪郡生まれ
2011年3月 15年務めた整形外科医院を円満退職し、コーチとして独立。
2011年8月 米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチCPCC(Certified Professional Co-Active Coach)取得。
2014年<からだ>の声を聞きなさいスクール カウンセリングコース 講師コース修了

15年間、医療機関での事務マネージャーとして、組織のモチベーションアップ、コミュニケーション能力向上に取り組み、あわせて患者さんへの接遇、新規患者さんの初回面接、モンスターペイシェントへの対応に従事してきました。
この間、新規の患者様は月平均約100人、カルテ番号では、1万になりました。患者様に向かう時に心がけていたのは、初対面でも安心して話をしてもらうことです。患者様の話を聴くことは、その人の人生の物語を聴くことでした。人は、ただ話を聴いてもらうだけで元気になる、コーチングに出逢ってからはそのことを実感する日々でした。
私の使命は、「人の物語を聴くこと」です。
コーチとしてのモットーは「人は自ら思った通りの人になる」それを信じて関わるです。

現在は、パーソナルコーチング 企業研修講師、アシスタント ワークショップリーダーなどの活動を通じて 組織に勤める方々が幸せを感じ、笑顔になるお手伝いをしています。

コーチングの普及と研鑽の場 コーチング・フェローズ スタッフ

Data & Career

住まい(都道府県):
東京都
年齢:
35~44
性別:
女性
コーチ料金:
無料サンプルセッション 1~3万円以内/月 3~7万円以内/月
セッション形態:
電話/スカイプ 対面
使用言語:
日本語
資格:
CPCC
コーチング時間:
800時間
クライアント延べ人数:
70人
コーチ歴:
2007年
クライアントの主な職業:
経営者 企業マネージャー 援助職 小説家 執筆者 役者 主婦 など。 自分と自分、自分と他者との関係をよくしたいと願う人 今ある自分自身の枠を外したい人 自分自身を思い切り表現したい人 目指す道を見つけたい人 愛から生きたい人

Coaching Story

私とコーチングとの出逢いは「コーチ」との出逢いでした。当時医療機関に勤めていましたが、マネージャーの立場になってから、職場での人間関係や、人生これでいいのかということに悩んでいました。
「コーチングってすごいんだよ、人は自分の悩みを自分で解決できるんだよ」というその人の話を聞いて、お願いしようと決めました。世の中に、こんなに親身になって私のためだけに話を聴いてくれる心強い存在がいる。このことが、とても衝撃的でした。
気づいたら、新たな自分に出逢ったり、私が本当に大切にしていることを発見することで、それまでやったことのないことにチャレンジするようになっていました。

私自身がコーチングを通じてこのように変化したからです。
日々の変化や成長を感じられるようになった
感情に振り回されなくなった
自分が何を望んでそれをするのか、選択できるようになった
それによって、自分のことが好きになり、周りにいる人との関係がよくなり、コーチという天職に巡りあい、人生が劇的に変化したからです。
私は、コーチングを通じて
あなたが今思っている人生の延長線上にある可能性以上のものが 本当に望めば手に入る
あなたにはその価値と可能性がある
人生において起こったことは全部意味がある
ということを伝えるためにコーチングをしています。

私には実現したい世界があります。
それは幸せだという人で世界を満たすことです。幸せとは、自分のことを大好きだと思うことです。そのために,おひとりひとりの中に埋もれているご自分を見つけ出し,その物語を聞くのです。そうすることで、そのままの自分を受け入れ、新しい物語が始まっていくと信じています。
その物語は自分も他人も尊重する世界です。
自分を好きな人は、相手のことを尊重することができるし、相手からも尊重されます。
仕事をしている場面でも、家族といる時にも、どんな時でも、自分らしい選択ができる。そうなれるように 私自身も 自分を広げるチャレンジをしています。

コーチをしていて、幸せと思う瞬間はたくさんあります。
クライアントさんは自分のテーマを掲げて、セッションを受けます。その時には、まだどうなりたいかが実ははっきりしていないことも多いのです。
なりたい自分がわかった瞬間、望んでいたことが今まさに起きている瞬間に立ち会えた時には心が震えます。
私自身のクライアント体験からも、本当になりたい自分がわかった時には、涙が溢れました。
私も、コーチとしてクライアントさんと一緒に伴走していて、その山を越えていることがわかった時には、心の底から喜びを感じます。

私が 一番大切にしているのは、クライアントさんとの関係性です。
対等な立場で、お互いに言いたいことを言える場を創ることがお互いの信頼につながり、その関係性がそのままセッションに反映されると思っています。
人は無意識のうちに、その人にどこまで話すのか決めてしまいます。
クライアントさんが本当に話したいことを話せているか それを許せる関係が創れているか、それが私が一番大切にしていることです。
深い部分に心を開くことで、コアな部分のニーズがわかる。そうすれば、人は自ずと自分が向かいたい場所に向かうと信じています。

例えば,継続のコーチングなら,まず前のセッションの振り返りをし、そこから得た学びを共有し、承認します。
その日のテーマについて話していただき、可能性を描いたり、視点を変えたり、時には感情にどっぷりと浸かっていただきながら、最後は行動を決め、セッションが終わります。(毎回きれいにこの形になるかは わかりませんが)
体験を学びに変えて初めてその体験が意味を持ちます。セッションの中で普通の会話では体験できないことを体験していただくことも大切にしています。

Link

Contact

コーチングセッションをご希望の方は、こちらから、本人に直接お問い合わせください。

本人に直接、お問い合わせ ※クリックすると、メールソフトが立ち上がります。

Page top