コーチ紹介

保志 和美(Hoshi Kazumi)

組織と人のよい関係をめざすコーチ

Profile

保志 和美

【当時は聴こえなかった心の声】

最初に勤めていた会社の倒産をきっかけに、海外で過ごした経験もないままイギリスの大学院に留学。帰国後は、外資系メーカーや投資銀行で15年にわたり、研修のの仕事に携わる。

締め切りや課題の解決に奔走していたが、頑張っている割には充実感が感じられず、その違和感を無視しながら働き続ける。

ある日、出勤しようと自宅のマンションのエレベーターのボタンを押した時、コートの下にまだパジャマを着たままの自分の足が目に入り、うつの症状が進行していることに気づく。

ドクターストップの後、退職へ。

療養期間を経て、以前から興味があったコーチの資格を取得。

現在は主に組織の部長、役員、社長を中心にコーチングセッションを提供している。

中央大学文学部哲学科 
英国ランカスター大学大学院 
ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス大学院情報管理学修士課程修了
外資系メーカー、投資銀行等で研修業務に従事

2013年 米国CTIにてCPCCを取得
コーアクティブ・リーダーシッププログラム修了
国際NLP協会認定NLPトレーナー
PCC

共訳書『ザ・ステーク コーアクティブ・リーダーへの旅』
(ウェイクアップ・プレス刊)

Data & Career

住まい(都道府県):
神奈川県
年齢:
45~54
性別:
女性
コーチ料金:
無料サンプルセッション 1万円以内/月 1~3万円以内/月
セッション形態:
電話/スカイプ 対面 グループ/ワークショップ
使用言語:
日本語 英語
資格:
CPCC PCC
アイデンティティ/専門領域:
外資系、英語、人間関係、コミュニケーション、時間管理、ストレスマネジメント、
コーチング時間:
900時間
クライアント延べ人数:
100人
コーチ歴:
2013年
クライアントの主な職業:
社長、会社役員、会社員、団体職員、公務員、経営者、主婦、教員、看護師、俳優、スポーツインストラクター、

Coaching Story

【持続可能で、無理なく働ける社会を】

現状に違和感や、生きづらさを感じている方と、自分らしく働くとは何かを掘り下げたり、何が必要かを一緒に考えたりする機会が多くなりました。

個人の力で限界を感じるような場面では、組織としてどんなことが大切なのかに話が及ぶこともあります。コーチングは構成員が無理なく働ける、持続可能な組織を実現する最初の一歩になると考えています。

【偉業を成し遂げる人の共通点】

困難な状況から復帰する人や、何らかの偉業を達成する人には、個人の能力や努力の他に、周囲の人のサポートが必要だと考えられています。

時には疲れて、地べたに座り込むことだってあるわけです。クライアントとコーチの協働関係には、そんな時どうしたらいいのか、パートナーとして協働する姿勢が求められるのだと思います。

コーチの資格取得中に出会った、今は亡きアメリカ人のコーチから言われた一言で、今までの思い込みが完全にひっくり返ったことがありました。それは、

「スムーズにやろうとか、完璧にしようとか、そういうことは考えなくてもいい。ありのままの自分で人生の旅を続ける事が、君の学ぶべきこと。それが周囲の人に大きなインパクトを与えることにつながる。周りの人をもっと驚かせてやりなさい」

それが今までの仕事の仕方や、生き方の軸ががらりと変わったきっかけになりました。

【会社を辞めたら、私は何者なのか?】

私の周囲にはそう考える方が結構いました。そこから派生したトピックも多いように思います。

「自分には自信がないので…」
「やりたいことが見つからない」
「このままでいいのだろうか?」

どれも奥深い話でありながら、あまり語られる機会はありません。思い切ってコーチングで向き合ってみるのもいいものですよ。

人生でスポーツをやっていない時期がほとんどないほど身体を動かしているのが「普通に」好き。現在も週2回のウエイトトレーニングを続けています。身体は心の器。密接につながっていることを実感しています。

Link

Contact

コーチングセッションをご希望の方は、こちらから、本人に直接お問い合わせください。

本人に直接、お問い合わせ ※クリックすると、メールソフトが立ち上がります。

Page top