コーチ紹介

石田 奈央子(Ishida Naoko)

ありのままで輝きたい全ての障害者へ

Profile

石田 奈央子

1973年、神奈川県生まれ。
共立女子大学国際文化学部卒。
生まれつきの弱視であったが大学在学中の急激な視力低下により自力での文字の読み書きが困難となり、2005年秋より盲導犬と共に生活している。
2011年、CTI基礎コース受講、2013年5月、CPCC取得。
2014年9月、日本人の視覚障害者として初めてコーアクティブ・リーダーシッププログラム修了。

特に「障害者を取り巻く就労環境」に対し熱い思いがある。
全ての人が「まぁこれでいいや」とか「どうせ自分はこれしか出来ない」などという声に押しつぶされることなく、「こんな仕事をしたい」、「こんな生き方がしたい」と正直に願えば叶う、そんな世界の実現を目指し、自らも挑み続ける。
隠すことの出来ないエンターテイナー気質を大きなリソースにして、コーチングの真剣な場であっても笑いの要素を忘れないよう心がける。そのためクライアントからは「なかなか言えなかった重たい気持ちをつい口に出してしまう」との声多数。またコーチ仲間からは「変な芸風」との目撃情報及び賞賛コメントも多数寄せられている。
趣味は落語鑑賞。場と観客、そして自分自身を強く信じ、人間の本音、エゴ、弱さ、欲望や痛みまでをアホ全開で演じている落語家たちの力強さ、凛とした美しさに魅せられ、自らも「大和家くろ猫(やまとやくろねこ)」の芸名でアマチュア落語家としても活動中。

Data & Career

住まい(都道府県):
神奈川県
年齢:
35~44
性別:
女性
コーチ料金:
1万円以内/月 1~3万円以内/月
セッション形態:
電話/スカイプ
使用言語:
日本語
資格:
CPCC
アイデンティティ/専門領域:
闇からこそ確かに創り出される「光」の美しさを見せる
コーチ歴:
2011年
クライアントの主な職業:
経営者、マネージャー、IT関連、エステティシャン、アロマセラピスト、研修講師、学生、主婦

Coaching Story

先天性の弱視でしたが大学在学中に急激な視力低下に見舞われました。
将来について何も考えられずにいた時、医師や看護士とは違う立場から患者に寄り添い、彼らを取り巻く全ての環境に注目し援助する医療ソーシャルワーカーの存在を知り強く憧れました。
同じ頃、偶然テレビでコーチングを紹介する特集を目撃。
本気で人の心の声を聴き、しかも電話で行えるとあり、外出があまり得意ではない視覚障碍者にも出来るかもしれない、と大きな夢がふくらみました。
2007年、視覚障碍者にコーチング学習の機会を提供する日本視覚障碍者コーチ協会との出会いを期に学びを始め、2011年よりCTIにお世話になっています。

あなたに「りあり~??」と問いを投げたいからです。英語が苦手なので、平仮名です(笑)。
人って、ぶっちゃけ「思い込み」の塊です。私もあなたもみんな同じです。
それに対して「良い・悪い」なんてありません。ただ、出来れば人生に背負う思い込みは少ないほうが可動域や視野も広く、そして呼吸も楽になります。
そこで、あなたから何か強い「思い込みの香り」が漂ってきたときには、「そうかもしれないし、そうじゃないかもしれないよ」と、ゆるゆると問いを投げてみたいと思います。

落語のような世界を広げること。
落語、聞いたことありますか?
目立ちたがり、お金儲けしたい人、いつもやられているあいつに一泡吹かせたい人、ただのアホ、、、。ちょっとエネルギーの向ける方向がおかしい「本気」の人々が、自己実現なんて大層なものではないもののために、とにかく一生懸命生きています。
そこには「あいつはダメだ」とか「あいつは世の中には不要だ」なんていう思想は微塵もありません。そしてもちろん「自分はダメだ、世の中には必要ない」なんて思っている人も、ただの一人もいません。こんな世界を、私は創りたいと思っています。

どうしてコーチングは、コーチとクライアント、ふたりの力が必要なのでしょうか?
自分一人であれこれ考えて壁を突破できるのであれば、コーチやカウンセラーなど対人援助職の人なんて、いりません。でも、二人でリアルに頭を突き合わせてああでもない、こうでもないと考えて、ネタをこねこねやっていると、あるとき、思いがけない突破口や未来がぱっと広がることがあります。これこそが、コーチングの醍醐味です。
私はこの「ああでもない、こうでもない」と、一緒に力を合わせて「うどんをこねる」時のような、そんな時間をとても大切にしています。

もっと「高望み」したい人。
・「なんで障害者雇用って同じような職種しかないの?」と、代わり映えしない求人票を眺めて飽き飽きして、もっと自分のやりたいこと、可能性を広げたいとウズウズしているあなた。
・障害をお持ちの、あなたの大切な人に、もっともっと輝いた、最高の人生を送ってほしいと願っているご家族の方。
・障害者雇用に対して、ただの雇用率達成ではなく、双方にとってハッピーな雇用を達成したいと願う、やたら暑苦しい人事・採用のご担当者様。
・特別支援学校、障害者の職業訓練校などで教え、彼らの未来について熱い思いをもっておられる教員、指導員の方。

Link

Contact

コーチングセッションをご希望の方は、こちらから、本人に直接お問い合わせください。

本人に直接、お問い合わせ ※クリックすると、メールソフトが立ち上がります。

Page top