コーチ紹介

中島 尚毅(NAKAJIMA NAOKI)

マネジメント支援、パラレルキャリア支援

Profile

中島 尚毅

損害保険会社にて営業、人事、管理部門等様々な経験を積みながら、2012年にCPCC資格を取得し、会社勤めと並行してプロコーチとしての活動をスタートしました。

2013年にCTIジャパンのオーディションに合格し、1年間のトレーニングを経て、2015年より上級コーススーパーバイザーとしても活動しています。

組織人としては、営業組織の長としてマネジメントに従事し、現在も17名の部下に対して1on1ミーティングを実践すると共に、取引先企業の経営者のリクエストに応え、組織活性化に向けた支援も行っています。


プライベートでは愛する妻と3人の子供たちに恵まれており、子育てを通じた様々な経験からも、コーチングに大いなる示唆を得ています。

趣味はランニングと田舎暮らしです。40代になってからフルマラソンにチャレンジし、2回完走できたことは大きな自信になりました。2019年から新潟県上越市に転居しています。自室の窓から見える妙高山の雄大な姿や、日本海に沈む夕日の美しさに日々感動を味わいながら、豊かな自然環境での生活を満喫しています。

■保有資格:PCC、CPCC

Data & Career

住まい(都道府県):
新潟県
年齢:
45~54
性別:
男性
コーチ料金:
無料サンプルセッション 1~3万円以内/月
セッション形態:
電話/スカイプ 対面
使用言語:
日本語
資格:
CPCC PCC
アイデンティティ/専門領域:
コーアクティブ・コーチング、1on1ミーティング、組織活性化、部下育成、独立支援、リスクマネジメント
コーチング時間:
1500時間
クライアント延べ人数:
250人
コーチ歴:
2012年
クライアントの主な職業:
会社経営者、ミドルマネージャー、個人事業主、専業主婦、大学生から高校生まで、様々なクライアントさんがいらっしゃいます。年齢的にも下は10代から上は70代と幅広い層の方にコーチングをさせていただいています。

Coaching Story

元々人が持っている潜在能力や可能性には大きな差はありませんが、持てる能力を具体的行動として、どれだけ発揮できているかの差が、人生の充実度や幸福度を分けています。自分が持てる潜在能力を発揮するためには、まずは自分自身にその力があることを真に受け入れることが必要です。自己理解が深まることで他者理解も深まり、自分の視野が拡大されていきます。コーチングを通してこのプロセスをお手伝いすることで、自分を縛る制限的な思考から自由になり、持てる能力を存分に発揮し、幸せな人生を歩む人が溢れた社会の実現を目指しています。

コーチングで大事にしていることは、自分が描く理想の自分や、社会や周囲が期待するような姿へと自分を作り変えることではありません。むしろ、そうしたものから自由になり、深いレベルで自分が望んでいるものに気づき、受け入れ、そこから行動することで、本当の意味で自分らしく、伸びやかな人生へと変化が起こります。こうした生き方へのシフトの過程では、時として不安やそれまで気づかなかった心の痛みを感じることもありますが、そうした感情にも時間をかけて丁寧に向き合うことで、少しずつ痛みが癒され、本来の自分の素晴らしさが自然な形で顕現されてゆきます。

特に仕事の場において、何度も修羅場を遭遇しましたが、月1回のコーチングの時間があったことで自分を整えることが出来、その時々で自分が出来得る最良の行動を選択することが出来たと考えています。また、コーチングを通して、自分の人生に「今」起きていることに徹底的に向き合う時間を経験したことで、自分にとって何が大切で、何が大切でないのかが明確になりました。自分にとって真に大切なことのみを選択して生きるという決意は、人生をシンプルで穏やかにし、同時に自分の進むべき道、人生の目的を明確にしてくれました。

・基本的に土日を中心に対面またはZOOMで行っています。
・1回のセッションは60分を基本としています。
・コーチングセッション以外の時間も、メールサポート等で伴走してゆきます。
・現在は、最低3か月以上継続を希望する方のみお受けしています。
・3か月経過時点で内容にご満足いただけない場合は、理由の如何を問わずいただいたフィーを全額返金させていただきます。

「人の可能性をあきらめないこと」

これは、コーチングにおいても、組織運営においても、絶対に譲れない私の信念です。あなたが私のクライアントであれば、あなたは、私があなた以上にあなたの可能性を信じていることを実感されると思います。そんな体験をされたい方をお待ちしています。

Link

Contact

コーチングセッションをご希望の方は、こちらから、本人に直接お問い合わせください。

本人に直接、お問い合わせ ※クリックすると、メールソフトが立ち上がります。

Page top