コーチ紹介

田中 ゆり子(Tanaka Yuriko)

ライフコーチ&共感コミュニケーター

Profile

田中 ゆり子

高卒後、米国国際大学国際関係学部に留学、帰国後3年過程より武蔵野大学心理学部に編入、卒業。
帰国後は国内系から海外駐在、外資系企業で主に人事系の仕事を中心に就職。
その間、英語でコンサルティングを学び、CPCCをCTIにて取得。
現在は会社員を結婚&妊活で退職、二人の子供の子育て及びフリーのライフコーチとしてまた共感コミュニケーション体験ワークショップ、その他社会地域へのボランティア活動などを通し、必要な人必要なものが行き届くような活動をしている。

Data & Career

住まい(都道府県):
東京都
年齢:
45~54
性別:
女性
コーチ料金:
無料サンプルセッション 1万円以内/月 1~3万円以内/月
セッション形態:
電話/スカイプ 対面 グループ/ワークショップ
使用言語:
日本語
資格:
CPCC
アイデンティティ/専門領域:
人事(人材開発、採用、人事制度づくり)
コーチング時間:
200時間
クライアント延べ人数:
50人
コーチ歴:
2009年
クライアントの主な職業:
会社員、主婦、コーチ、共感コミュニケーション推進、

Coaching Story

外資系医療系会社に人材開発・採用担当として仕事をしている時に、
nコーチングの研究をされているコーチと知り合いました。そのワークショップに参加してコーチングに興味をもつきっかけとなりました。
nその後もグループコーチングをされている現場に参加して目からウロコのような体験をし、コーチングを企業内で社員がうけることができないかと活動をしはじめました。その過程で私自身が企業内だけに限らず、多くの人に自分の体験を味わってもらいたいとプロのコーチになることを決意しました。

コミュニケーションでできることを体験していただき、問題を解決したり、自己肯定感や自己共感を高め、自分らしく人生を生きるサポートをすることが、私の生きる力にもなっています。

コーチングが不要な世の中になればいいな~。

個人的にはコーチングをしていただきどんな場所にいても、必ず光がみえるようになることを信じれること。
そして、コーチとしては、人が自らの力に気付いて変化していく勇気には人間の可能性を感じ感動します。

クライアント自身の力、コーチの自己管理、誠実、成長、学ぶ、ユーモア、自由、健康、

どんな人にも希望を感じること。自分にもあきらめないこと。
体も健康になり、肩の力が抜けて、自分の意見を気負わず話せるようになりました。

Link

Contact

コーチングセッションをご希望の方は、こちらから、本人に直接お問い合わせください。

本人に直接、お問い合わせ ※クリックすると、メールソフトが立ち上がります。

Page top