坂口佳世 Sakaguchi Kayo

ようこそ、坂口のページへようこそ。
よくお忙しいところすみません…と言われますが、そんなに忙しくないので、気軽なお声がけがとても嬉しいコーチの坂口佳世です。

このページにいらっしゃったあなたは、「コーチング」という言葉にどこかで出会い、何かがひっかかり興味を持たれたのかな?思いますが、どんなきっかけがあったのか、早速聴いてみたくなりますね。

今を変えたい何かがあるかもしれませんし、たまたま読んだ本でちょっと気になったよという方もいるかもしれませんね。

いずれにせよ、一歩行動したあなたをリスペクトしつつ、ちょっとだけ私の自己紹介をさせてください。その上で、少し話してみたいと思われた方は、どうぞお気軽にご連絡ください。



■ここまでのキャリアストーリー■

▶︎新卒新入社員。時間を忘れて懸命に働く

株式会社リクルートの熊本支社でリクナビ・リクナビNEXTの法人営業を担当。深夜までが若さを頼りに猛烈に働く。しかし心と体は正直で、あるとき体調がおかしくなった。どん詰まりの中、働き方・生き方を 180度転換してみたくなり、幼い頃からの夢だったジュエリー職人になりたい!という直感を頼りに、思い切って退社し、ジュエリーブランド設立を目指す。

▶︎26歳から彫金デザイナーの夢を追いかける

先生の教室で、彫金(ジュエリー制作)を学ぶ。コールセンターでアルバイトをしながら生活資金と制作費用を稼ぐ。「彫金作家」として雑誌『装苑』に掲載されることを夢見て奮闘するも、現実は甘くなく、行き詰まりを感じながら、資金も気力も尽きてきたころ、つき合って8年目の夫と結婚と同時に、東京へ。

▶︎小売業で新たな生活の始まり

ジュエリー販売ができるかもと期待して、小売店の店舗スタッフとして勤務。副店長や地方行政担当として、店舗管理と商品バイヤー、地方行政の調整に走り回る。小売店という正社員やアルバイト・パートなどモチベーションが様々なスタッフをまとめる中で、個人の可能性をどう伸ばして売り上げに反映させるかに課題感を感じながら、楽しく働く。

▶︎出産育休とコーアクティブコーチングとの出会い

結婚5年目。長女を妊娠、出産。育休時の体験をきっかけに、CTIジャパンでコーアクティブコーチングを学ぶ。2度目の育休中にCPCC取得。復職か独立かで悩み、もっとコーチングでたくさんの人の可能性に携わりたい!と退職を決意。個人事業主となり、独立。

▶︎プロコーチとして活動する今

2023年夏、PCC取得。現在は、個人的にコーチングをご希望される方や、企業から依頼がありコーチをするなど、さまざまな形でコーチングを提供。また、20代後半に夢中になった「彫金」とコーチングを掛け合わせて「彫金ワークショップ」という場づくりをしたり、研修講師をしたり、アートやクリエイティブをキーワードに様々なイベントを企画・実行している。

【開催している企画や講座やワークショップ】
・あきらめラジオ(1000人のあきらめを聴く挑戦をしているラジオです)
・あきらめに気づき願いに伴走ROOTSプログラム
・ひとりビジネスをする人に向けて「セールス講座」(マーケティング・ブランディング・セールスをお伝えしていす)
・Art me発掘講座(好きで得意だったけど、あきらめてたことに気づき発想を変えて「仕事」にするグループワークです)


【保有資格】
・国際コーチング連盟認定アソシエイト・サーティファイド・コーチ(PCC)
・CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ(CPCC)

属性

● 性別
女性
● 年齢
35~44歳
● 住まい(都道府県)
東京都

実績

● コーチング時間
900時間
● 主なクライアントの属性
会社員、自営業、アーティスト、クリエイター、フリーランス、起業家の方など
・無意識にあきらめたことを自覚し、自分の人生を生きたい方

セッション情報

● 無料サンプルセッション
なし
● セッション形態
オンライン+対面
● セッション開始時期
すぐに始められます
● 国際コーチング連盟(ICF)資格
PCC
● コーチングで使用する言語
日本語
● プラン&料金
①コーチング相談窓口(30分)/2,200円(税込)
坂口ってどんな人?とご挨拶程度にお話しましょう
②ストラテジーセッション(60分)/22,000円(税込)
相談窓口を経て、コーチングの活用の提案含む相談会議

※継続コーチング60分22,000円 (税込)〜

コーチングと出会ったきっかけ

私の話を安心安全な環境で聴いてくれる人がいない

コーチングに出会う前のキャリアは、法人営業をしたり、ジュエリー職人を目指したりと、対人支援に関係のある仕事ではありませんでした。

でもチームコーチングや組織開発、人材育成を仕事とする夫に、結婚当初から「コーチングを学んでみたら?」と時々言われていました。当時、小売店の管理職としてスタッフをマネジメントをしていた私は、「興味はない」「面白そうだとは思うけど、私には必要ない」と突っぱねていました。月日が流れ、第一子を出産し、育休に入った私に、偶然が重なりコーチングと出会いました。

---

2017年に出産し、育休を取得。社会人になってからずっと、朝から夜遅くまで慌ただしくしてきた私は、言葉が話せない赤ちゃんと二人っきりで家の中にいることに戸惑いました。育児に対する悩みや復職後の立場への不安、社会から取り残されていく恐怖など、「誰か私の話を聞いてほしい」という気持ちが常に溢れていました。ある日、その気持ちが決壊し、スマホ片手に話し相手を探すも、「彼女は今仕事が忙しいっていってたな、彼女は今、子供の受験で大変だって言ってた…。 誰にも私の話を思いっきり話せない…」と途方に暮れることがしばしば起こりました。

九州の両親に話すと心配をかけたり、アドバイスをされることも嫌でしたし、夫も関係性が近すぎて話せません。 「私にとって深刻で大切な話を、思いっきり聞いてくれる人はいないのか」そう思うとさらに感極まり、1歳にもならない娘を抱え、平日の昼間に部屋の隅で何度か号泣していました。それほど、私たちは安心安全な環境で自分の話ができる相手は、日常にはいないことを体感しました。

そのときふと、以前から夫に言われてい「コーチング学んでみたら」という声を思い出し、一歩踏み出してみたことが始まりです。

わたしのコーチングの特徴

アートを活用して色々試そう!

基本は、静かにじっくりあなたの話を聴いています。あなたが話す内容もちゃんと聴いています。どちらかというと話す様子を見ているかもしれません。

でも、遊び心や好奇心を思い切り使って、ちょっと挑戦的なこともやってみましょう。ペンと紙を用意して、絵を描いてみたり、ちょっと立って動きながらアイデアを出してみたりもします。時には、オンライン散歩をしながら声だけで対話したり、セッションの中で5分瞑想したり… 歌ってみるのもいいですね。

クリエイティビティがキーワード。いつもモニターを睨めっこしているわけではありません。遊び心を全開にして色々試行錯誤してみましょう。新しい自分に出会うヒントは、そこかしこに転がっています。

おすすめなコーチングの受け方

①自分の心に忠実でいてください
あなたは本当はどうしたいですか?と、聴くことがあります。「本当はどうしたいんだろう?」「本音ではどう思っているんだろう?聞いてみたい」というコーチの純粋な好奇心から聞いています。ぜひそのまま受け取って、「あれ?確かに本当はどうしたいんだろう?」と自分の胸に手を当てて、ゆっくりそのまま聞いてみてください。

②沈黙はおおいきOKです
沈黙は埋めないといけない!と思いがちですが、コーチングにおいて沈黙の時間はとても価値があります。クライアントさんの時間なので、黙ってじっくり答えを探したかったら黙っていてもいいし、心に沁みることがあったら、静かにその感情に浸っていてください。コーチは沈黙をちっとも苦手としません。今どんな気持ちを感じているだろうな〜とゆっくり待っています。

③ピンとこなかったらスルーしてください
コーチが常にぴったりな質問をするわけではありません。時には質問の意味が分からなかったり、ピンとこないこともあると思います。そんな時は、よくわからないと、スルーしてください。私は「そうか!」と言ってまた違うアクションをします。そこからも一緒に作っていきましょう。

④話がまとまっていないくて構いません
今話したいと思うこと、感情が溢れて支離滅裂な話もどうぞ! 擬音語だらけや、言葉に詰まってゆっくり話すことも構いません。営業会議では自分の意図を的確・明確にわかりやすく伝えることが求められるでしょうが、コーチングは自分の時間です。思いつくままペラペラ感情的に話してください。そこから大切な要素を拾って返したり、ひらめきを加えて深い対話にすることがコーチの仕事ですから、どっぷりご自身の感情に浸かってください。

クライアントの声

※許可を頂いたものを一部掲載しています
■自分の中に必ず眠る”まだ見ぬ可能性の種”を一緒に探した感じ。土がかぶさっていただけで、既に芽が出ていることに気づいて歓喜しました。(30代女性 | メーカー法人営業)

■どんな時も応援してくれる、心強い味方でした。どんな気持ちも恥ずかしいことなんてないので、自由に言葉にしてみようよ。綺麗な言葉じゃなくていいよ。と言ってもらえたことで、いつもはこんなこと言っちゃいけないのかな?と思っていた自分の素直な気持ちを喋ることができて、受け止められるようになりました。(20代女性 | 店舗管理者)

■課題をポジティブに受け止めて、解決への考え方や行動の選択肢を増やしてくれる方です。どんどん自分の中で「気づく」「一回考える」が少しづつ増えてきたので、このサイクルをもっと増やしていきたい。(30代女性 | デザイナー)

■まるで時々話しかけてくれる鏡みたいです。こういう話の聴かれ方をしたのが初めてで、自分自身を見つめて、勝手に自分の中から答えが溢れてきた不思議な感覚でした。(40代男性 | IT保守)

■久しぶりに自分の話を思いっきりしました。自分の本音が誕生する瞬間にたくさん遭遇して、ぼんやりしていた復職後がはっきりしてきました(30代女性|育休中)

関連リンク

お問い合わせ

コーチングセッションをご希望の方は、こちらから、本人に直接お問い合わせください。

コーチングに関するお問い合わせや、こちらのフォームからご連絡ください。

3日以内を目処に、お返事いたします。

コーチ一覧に戻る